救急病院の有難さ



午前中に突然、具合が悪くなったと連絡が入り,
すぐにその場に駆けつけたのですが、
私が到着した時には、既に救急車が来ており、
患者の容体を訪ねているところでした。

間もなく救急車が北里病院メディカルセンター(北本市)に向かったので、
私もその救急車の後を追って、病院に駆け付けました。

駐車場に車を止めて、病院の南棟の正面玄関前を横切るときに、
大村智さんのノーベル賞受賞を祝うポスター(写真)に気づきました。
横断幕も掲げられていましたので携帯カメラに収めました。

ノーベル賞を受賞した大村名誉教授の功績は、
北里大学の誇りです。
このように大きな横断幕を掲げているのも頷けます。

画像



















画像












救急受付の場所は、北側の棟にあります。
そのため暫く中廊下を歩いて行きました。
救急受付に着くと、救急患者は診察室で診察を受けているところでした。

時々動悸がしたといっては、このように救急車の世話になっているのですが、
動悸が激しくなるとトラウマが甦り、なぜか不安になるらしいのです。

心電図、血圧など一通りの診察を終えた医師の説明を聞くと、
特別異常は有りません・・・とのことで一安心しました。

ですが正月過ぎたら、循環器科、脳外科などの受診を勧められました。

年の瀬にこのように不安になったり、倒れる人が多い季節ですから、
注意するに越したことはありません。

このような時には、救急病院の有難さを痛感します。





"救急病院の有難さ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント