万事速(すみや)かに成れば堅固ならず




物事を決めるには、優先順位というものがあり、
さらに右寄り、左寄り、そして中庸もあります。
そのうえ、上・中・下という位置もあります。

また、どこまで配慮しているかを測る、
“木を見て、森を見ず” という言葉もあります。

このような言葉がある中で、
安倍政権は本当に国益を第一に考えているのでしょうか?

何処かでボタンの掛け違いをしていないのでしょうか?
安倍首相の態度には、何か焦りが感じられます。

集団的自衛権行使容認を昨年7月1日に閣議決定して以来、
消費税増税、TPP、安保法案と立て続けに、
国民に不利益を蒙る法律を成立させようとしています。

・・・で今明らかになったことは、
世界一の軍事力を持ち、10年に一度は戦争を繰り返してきた、
米国と一緒になって軍事国家になろうとしていることです。

しかも独立国家同士の同盟ではなく、
実態は米軍の下請けどころか先兵として、
自衛隊が使われるのではないかと言われているのです。

ですから憲法学者たちが安保法制が憲法違反だと指摘し、
廃案を求めるのは、当然の要求であると思いますし、
これまでの歴代自民党政権でも、
集団的自衛権は認められないと言ってきたのです。

国民は、誰しも安倍政権が目論む軍事国家を望んでいません。

防衛産業、軍事産業界では、
儲かるどうかで企業を経営するだけなら、
日米一体化を望むかも知れません。

しかし個人的に考えてみれば、
戦争国家よりも平和国家を望んでいると思うのです。

このように考えると、今一度立ち止まり、
安倍首相をはじめ閣僚たちは、
冷静に考え直すことが必要ではないでしょうか。

国民イジメの法案を急ぐことはないのです。

急ぐべきは、人口減社会でも維持できるプログラムです。

消費税増税、TPP、安保法案で、
国民を苦しめることは政策ではありません。

自由主義、資本主義信奉の基本は、
まず人権保障にあるのではないでしょうか。

しかし社会主義、共産主義と敵対することではないはずです。

遠くの親戚よりも近くの他人という言葉にあるように、
隣国とは、軍事対立よりも外交で話し合うことしかないのですから。

それが平和を保つただ一つの方法ではないでしょうか。


今朝、届いた “致知出版社「偉人メルマガ」” を転載します。


───────────────────────
 一日一言  平成27年8月19日(水)
───────────────────────

 万事速(すみや)かに成れば堅固ならず、
 大器は遅く成るの理(ことわり)にて、
 躁敷(さわがし)き事にては
 大成も長久(ちょうきゅう)も
 相成らざる事に之(こ)れあるべく候(そうろう)。


【訳】
 何事もなく順調に成長した人物は、
 意志が強く、他人に簡単に
 惑わされないかというと、そうでもない。

 立派な人物というものは、
 時間をかけてゆっくり成長するのが道理であって、
 騒々しい状態ではホンモノの立派な人物になることはない。


 ◆魂を鼓舞する吉田松陰の言葉集366語
 『吉田松陰一日一言』(川口雅昭・編)
  → http://online.chichi.co.jp/item/765.html










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

こころ
2015年08月19日 14:51
フジサンケイが、又もや毎度の安倍不正内閣の支持率偽装を悪びれもせず始めました(怒)

要するに、談話後には支持率を大巾に上げるようにとの命令があったとみます。(ポダム読売もそうですが、安倍と同じ穴の狢の統一協会系メディアフジ。ここに安倍の為のNHKをプラスして、トンでも捏造3羽烏。日本の報道会社とは思えない程の腐敗ぶり。もはや不要では)
源家康
2015年08月19日 17:23
テロリスト吉田松陰を、偉人とは笑止千万ww
『明治新という過ち』を、一読してね。こころさんは、リチャード・コシミズと愉快な仲間達の、党員ですか?憧れのチャイナに、移住支那
toshi
2015年08月19日 18:13
言論の自由を大切にしましょう。
意見の違いは、お互いにあると思います。
コメントで相手を貶めるようなことは、
なるべく避けましょう。

この記事へのトラックバック