緊急声明・・沖縄県民から宝の海を奪うな!




緊急声明
2014・8・6


沖縄ジュゴンのえさ場を奪う行為を直ちに中止し
沖縄県民から宝の海を奪うな!


北限のジュゴンを見守る会・代表 鈴木雅子
http://sea-dugong.org/
info@sea-dugong.org

私たちは沖縄ジュゴンの保護を目的とし、名護市現地においてジュゴンの生息調査を行っている「北限のジュゴンを見守る会」(以下「北限」)です。現地調査グループ「北限のジュゴン調査チーム・ザン」(以下「チーム・ザン」)は6月12日付で沖縄防衛局及び防衛省に、辺野古新基地建設に伴うジュゴンのえさ場を荒廃させる行為を直ちにやめ、ジュゴンにとって圧力となる行為をしないよう要請しました。

「チーム・ザン」は5月から7月にかけて辺野古・大浦湾におけるジュゴンの食み跡(はみあと)調査を行いました。その結果、辺野古の米軍基地「キャンプ・シュワブ」沿岸にのべ110本以上の食み跡を確認しました。沖縄防衛局による当該海域の『水域生物等調査報告書』にも2012,13年と続いて食み跡が確認されていることが記載されています。ジュゴンがこの海域を3年間継続的に利用してきたことが分かります。この海域が絶滅の危機にあるジュゴンにとって重要なえさ場の一つであることは明らかです。

 沖縄防衛局による環境アセスメントには、「沖縄のジュゴンは嘉陽沖の海域を生息範囲として他の海域に移動することはほとんどなく…これらのジュゴンが今までの生息範囲に留まっている場合は事業の実施が個体に及ぼす影響はほとんどなく、沖縄県全体のジュゴンの個体群の維持に対して影響を及ぼす可能性はほとんどない」と記載されています。しかし、埋め立て区域と重なる海域に継続的にジュゴンが訪れている事実から、沖縄防衛局の主張はもはや成り立ちません。

このままでは天然記念物として守られるべき沖縄ジュゴンの生息地が海底ボーリング調査と不発弾の磁気調査(以下「ボーリング調査」)、埋め立て、基地建設によって撹乱されジュゴンが餌場に近寄れなくなります。特に食み跡が集中する場所は埋め立て区域と重なり、沖縄防衛局が「キャンプ・シュワブ」内から設置する浮き桟橋とそこに係留する海上保安庁のゴムボートなどの船舶の直下です。

いま、辺野古では「ボーリング調査」のための準備が進められています。「ボーリング調査」は海底掘削や岩礁破砕を伴いますが、その工事を行うために「キャンプ・シュワブ」専用の立ち入り制限水域の大幅な拡大やブイ設置を強行し県民・市民を排除することが画策されています。防衛省沖縄防衛局と海上保安庁は結託して辺野古新基地建設に反対する県民・市民に圧力を加えています。「キャンプ・シュワブ」のゲート前には危険きわまる突起物を装着した「殺人鉄板」が敷設され、沖縄防衛局・県警・ガードマンが一体となり暴力によって辺野古新基地建設の断念を求める県民・市民を抑圧しています。

しかも埋め立てや岩礁破砕によって辺野古周辺の産業や漁業に悪影響が出ることは必至であり、これに対し名護市を筆頭に辺野古に隣接する宜野座村漁協も不同意をおおやけにしています。埋め立て工事の強行は地元自治体をないがしろにすることであり、漁民から漁業を営む権利を奪う違法行為です。また、この海域は誰でも利用できる公有水面ですから、これを立ち入り制限区域とすることも違法と言わざるを得ません。

ジュゴンは世界的にも危機的状況にありますが、そのなかで沖縄ジュゴンは北限に生きる個体群です。開発行為、気候変動などの影響で沖縄の海辺が傷だらけにされているなかで、自然生態系がそのまま残る辺野古地先や隣接する大浦湾は命の宝庫です。ここは海の命のゆりかごである海草(うみくさ)藻場やサンゴ群落がひろがり、貴重なウミガメたちが豊かな命の営みを見せる場所であり、沖縄にとっても世界にとっても宝の海域です。豊かな海のシンボルといえるジュゴンをこれ以上追い詰める行為を直ちにやめ、住民とこれからの世代にとっての宝である辺野古の海を奪う工事をやめることを強く求めます。

以上、転載でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

こころ
2014年08月15日 07:35
理不尽極まりなさに怒りです。

(一部割愛)1/2
社説[辺野古沖ブイ設置]時代に逆行する愚行だ

2014年8月15日 05:30

8月14日という日付を、抗議の意思を込めて胸に刻んでおきたい。「取り返しのつかない愚行」と「理不尽な蛮行」の始まった日として。

14日午前5時半すぎ、防衛省に雇われた漁師と民間警備会社の警備員が小型の漁船(作業船)に乗り込 み、次々と汀間漁港を出港した。その数30隻以上。

前日に金武湾に集結していた海上保安庁の巡視船も作業開始に合わせて移動し、警戒態勢に入った。威圧 的で異様な光景だ。海保のゴムボートだけでも20隻を超える。

反対派のメンバーはカヌーや漁船を繰り出し、抗議の声を上げた。木の葉のように波に揺れる反対派のカ ヌーと海保のボートが、海上でにらみ合う。

米軍普天間飛行場の県内移設に向け、防衛省は14日早朝から、名護市辺野古沖の埋め立て予定海域にブ イ(浮標)とフロート(浮具)を設置した。なぜか。立ち入り禁止区域を明示し、海上での反対行動を排除 するためである。

ブイ設置が終わり次第、海底のボーリング調査に着 手し、16カ所を掘削する予定だ。
こころ
2014年08月15日 07:36
2/2
■ ■

政府の強引な姿勢は際立っている。防衛省は6月、キャンプ・シュワブ沿岸部の常時立ち入り禁止区域を大幅に拡大し、約561ヘクタールの広大な海域を工事完了まで臨時制限区域に指定した。

日米合同委員会の合意があれば、地元自治体や住民の意思にかかわらず、制限区域が拡大され、米軍のお 好みの場所に日本の予算で、新基地が建設される。新基地が完成すれば、米軍に排他的な管理権が与えら れ、基地の自由使用が認められる。

住民の権利は一体、誰が守るのか。

日本国憲法が本土・沖縄を貫いて等しく適用されているにもかかわらず、米軍基地が集中する沖縄では、 国内法よりも日米地位協定と関連取り決めが優先される結果、国内法で保障された権利が制約を受けているのである。深刻な「構造的差別」だ。

日米両政府は、辺野古移設を「唯一の選択肢」だと強調する。しかし、防衛省が打ち出した佐賀空港へのオスプレイ配備計画は、普天間の機能を佐賀空港に移 しても支障がないことを自ら白状したようなものだ。

県もこの海域を「自然環境の厳正な保護を図る区域」だと指定しているが、仲井真弘多知事は、「県外移設」という選挙公約に反して埋め立てを承認してしまった。

ブイ設置が始まったことについて仲井真知事は、「コメントのしようがありません。防衛省に聞いてください」と、よそ事のように突き放した。もう関係ありません、と言わんばかりの態度である。あきれるしかない。

この記事へのトラックバック