日本未来の党は何処へ行くのか?

いよいよ今年も押し詰まってきた。

今年一年、一体何をしてきたのだろうか?

仕事以外に出かけた時に撮った写真を月毎に一枚だけ選んでみた。

徒然に撮った写真も集めると結構な枚数になるものである。


この写真で見ても小沢一郎氏に関するものが多いのが分かる。

このような写真が少なくなるのは何時の事になるのだろうか?


未来という、当てにならない名前から、

このように座礁する!・・・のが見えていたように思う。

どこかの回し者があちこちにいるものだ。

それを見抜けずに引っかかった者が悪いというなら、

これは仕方がない事である。


それならば一層のこと「国民の生活が第一」のままで良かったと思う。

そうしておけば、このような無様な姿を晒すこともなかったであろう。

総ては後の祭りとなってしまった。


昨日午後、森田塾忘年会が「和処 きてら」で開催された。

そこで聴けた話であるが、

日本未来の党の人事に関して、

嘉田党首の方針に苛立っているのは、

小沢一郎氏と小沢支持者の議員達だと仰っていた。


この情報がどのように森田氏の耳に入ってくるのかわからないが、

私たち小沢支持者の見方とは、だいぶ違っている。

私たちから見ると、嘉田党首のほうが明らかに民主的ではなく、

独裁的に物事を決めているようにしか見えない。

それにも拘わらず、小沢一郎氏ましてや、

小沢支持者よりも嘉田党首が正しいと言うのは理解しがたい。


安倍晋三が首相になっても、

参議院選挙までは景気対策を打つことに精を出し、

国民の期待に沿った政策をする自民党というイメージを与えるだろう。

つまり国民を騙すかもしれないのだ。


そして参院選に勝った後は憲法改正、TPP参加、

消費税増税と立て続けに、

右寄りの政策を実行に移すのは目に見えている。


また自民党と公明党の連立で憲法改正の防波堤になる平和の党である、

公明党が棄てられることも有りではないかと思う。

自民が維新とみんなで組めば、そうなる可能性もあると思うのだ。

そうなった場合には、国会は機能しなくなる。

4年間に何もかも変えられてしまう恐ろしさを持ってしまうのだ。


それには小規模野党が挙って、連帯しなければならない。

次の参院選で自民、公明、維新、みんなを勝たせてはならないのだ。


もしも危険な内閣を作ってしまえば国民には職もなくなり、

生活に困っても手を差し伸べないであろう。

そのままほったらかしにして、

困れば自衛隊にでも入れ!・・・と考えているのではあるまいか?

そんな政府となりかねないほど現実は、

悪い方向へと向かっていると思うのだ。


国民が皆食べていけるように政策を打っていくことが政府の仕事であるが、

労働者派遣法の改悪でそれも放棄してしまった。

このような企業に都合のいい政策で、ますます国民は疲弊していく。

嫌がおうでも国民の生活は苦しくなっていくに違いない。


そのような道を選ぶのは投票に行かない人達の責任だと思う。

自分の一票が死に票になるのなら選挙に行きたくない。


そう考えて投票に行かないことが相手側を利することになり、

今回の選挙のように自民党の得票率が低くても、

議席数が60%を超えてしまうという結果を齎してしまうのだ。


民主主義は絶対のものではないが、

それでも全員参加の方法の一つである。

その全員参加型の意思決定に参加しないで、

後でクレームを言うのは無責任すぎるのではあるまいか?



(1月 白鳥 川島町の越辺川で)
画像















(2月 鈴木宗男氏、月刊日本主催特別講演会で) 
画像















(3月 森田実氏講演、森田塾で)
画像















(4月 小沢一郎は冤罪だ!デモ前に挨拶する元労働大臣の山口敏夫氏)
画像















(5月 崖崩れを止めよう!とフォレストベンチを考案した栗原光二工学博士夫妻)
画像















(6月 池袋で行なわれた小沢一郎は無罪だ!デモ)
画像















(7月 小沢一郎氏 森ゆうこさんの「検察の罠」出版記念パーティーで)
画像




















(7月後半~8月前半に韓国文化院で開催された、
朴 賛弼先生の「ソウル清渓川 再生」写真・図面展)
この展示会の最終日には、沈院長に大変美味しい韓国料理を御馳走になった。
画像















(9月 小金井市の自然エネルギー実験住宅で)
真夏の日中にも拘わらず、静かにしていると確かに涼しさを感じた。
子どもの頃の住まいを思い出した。
開け放った部屋の畳に寝そべって読書?の真似事。
そのうち本は手から離れて、眠ってしまった心地よさがあった。
画像















(10月 鎌倉の鶴岡八幡宮で)
台風で倒れた大銀杏は、その株から子株が育っていた。
画像















(10月末 会津若松市内で)
「国民の生活が第一」への熱い思いは、
日本未来の党に合流したために果たされずにいる?
寂しいかな。
何処で如何狂ってしまったのか?
誰からもまともな説明はない・・・。
画像















(10月25日の結党記念パーティーで)
画像















(11月 主権者国民連合SNS集会で)
画像















(12月 釜山のシネマセンター)
世界一のキャンティレバー
画像















画像















画像















(世界へ向けて開く釜山港)
画像















画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

こころ
2012年12月26日 15:30
おっしゃる通りですね。
国民そっちのけ政権と、マスコミだけが新政府誕生~と…茶番劇以下の不正選挙で、偽安倍政権誕生のようで。
まるで私には、ここが日本じゃない他国の報道が紛れて入って来たかと思うほどです。

未来の党(旧国民の生活が第一)の小沢さんに対してマスコミは、相変わらず。
肝心な時でさえも無視して置きながら、無責任に批判で弄ぶ有様。
出れば出たで叩き、目立たないと言っては隠れたとか、裏で糸引いてると叩いてみたり。
そんなマスコミは人間の心など全くない、もはや化け物以下。

日々生きるだけでも充分過ぎるほどに、言われ無き事で痛め付けられても尚、未だに延々と小沢が~と叩く構図をいつまでするつもりでしょうか。
小沢さんは神様でも何でもなく1人の人間。
数々の受けたきた事は、名誉毀損と人権侵害にも匹敵します。(怪しい人々のマッチポンプ人権侵害とは別もの)
小沢さんには頑張って頂きたいのは当然ありますが、これほど叩かれるなら一般人になったほうが、人として気持ちが安らいだ生活が送れるのではと思うほどです。

▼取りあえず今は、ムサシの企業を捜査優先は必須です。
(愚痴めいた長文で失礼しました)
こころ
2012年12月26日 17:00
度々失礼します。
小沢さんの戦略は間違ってなかったと思います。
ただ私が危惧した事は、飯田哲也氏と稲盛氏が加わってきた事は懸念してました。
特に稲森氏には。
選挙の前から不正シナリオが既にあり、それに気付いた小沢さんは急遽、未来の党と合流を決めたと思います。(ジックリと考える時間もなく。そうしなければならない理由が明確にあっての土壇場で致し方ない策だったのではと)
不正をされると判ってたかも知れません。
ですが今回の不正選挙で、自公民維新などが、マスコミや開票読み取り機器関連会社ムサシとの談合不正の台本通りに遂行した事が露呈しました。
明らかにやり過ぎてしまった結果だと思います。
自民党候補者の中には、脱原発を掲げたり、消費税反対と自民党の政策と真逆な事を言って当選した候補者がいたようですが。
こんな事は許されない事です。
恥ずかしい行為。
出口調査も自民党が優勢なら自民党の三原さんは、直前の出口調査とやらからみた票の少なさは危惧しなかったのでは。
自民党はそれを受けて、既に用意された不正シナリオを出し、予め決めてあった自民党が勝ち民主の野田や枝野が当選するというシナリオ票を出したと推測します。
村石太ダー&コピーマン
2012年12月29日 21:53
景気 消費税増税で プログ検索中です。消費税増税したら一部の?企業 漁業 農家は倒産になる。失業者が どれくらいでるかなぁ?思えば 3%、5%で 倒産 閉店したところもあるかなぁ。景気が よくなったらという基準はどうなるのかなぁ。景気があがっても、増税による倒産かなぁ。景気の変動もありますね。社会保障とは どういう具体案かなぁ。老人 医療身障者 失業者~。税収(歳入)は 大丈夫かナァ。
インフレにするのかなぁ?資本金 大丈夫かなぁ。大恐慌まで ならないよね。
お金が 紙切れになる~。
どういう国の主義になるのかなぁ? 
政治研究会(名前検討中
安倍総理の 口約 公約が 気になるところがある。

この記事へのトラックバック