演奏会を観賞しつつ一眠り

今日は、地元のトラックメーカーの第45回定期演奏会に出掛けた。

流石に管弦楽団だけのことはある。

画像












初っぱなから、

大きな音で聴衆を驚かし元気づけてくれた。


深々とはいかないまでも、一番後ろの狭い椅子に腰掛けて、

開演まで20分ほどの時間に昼食を摂った。

食事が終わった頃に、会場案内が聞こえた。


恐れ入りますが、飲食物の持ち込みは禁止されています。

ご注意ください!

なお携帯電話もマナーモードにするか、

スイッチをお切りくださいと放送があったのだ。


既に自分は持ち込んだ物を食べ終わった後だった(笑)。


演奏が始まると管弦楽器の金属音が、

寝不足気味の虚ろな気持ちを見事に吹き飛ばしてくれた。


しかし、それは束の間のことであった。

椅子に腰掛け観賞しているとだんだん眠くなってきた。

だらしのないことではあるが、

頭を後ろに反らして、天井を見るような格好で聴き入っていると、

やがて自然と瞼は閉じてくる。


本当に眠っているわけではないのだが、

うっかりすると演奏がBGMに聞こえてきて、

ますます眠くなるのだ。


演奏している方々には大変申し訳ないことだが、

このような過ごし方も許してもらいたい。


生演奏を聴きながらうっとりして過ごすのは、

この上ない贅沢なひと時なのであり、

本当に心地よい空間なのだから。


プログラムはこちら。
画像

















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック