「脱原発」は日本国民の総意

東京電力は総会に先立ち大株主の委任状を取得していた。

そして大株主の議決権数をもって「脱原発」動議を否決した。

確かにどのように総会を乗り切ろうが、

中小企業の経営者が行なうのなら構わないと思うのだ。


しかし、これほど大きな事件を起した独占企業の東電が、

一企業の論理だけで乗り切ったというのだ。

社会を舐めきった企業の論理を振りかざし正論を述べた株主意見を封じたのだ。

これで国民の総意となりつつある「脱原発」の流れを、

本当に食い止められるとでも考えているのだろうか。


このまま東京電力は、

国民の犠牲も厭わない覚悟で原発推進に突っ走る積もりなのだろうか。

そして国民に「安全を補償する担保能力」を持ち合わせているのだろうか疑問に思う。

このような大事故に遭遇すれば並みの企業なら、

直ぐに補償費で倒産してしまうのは普通のことだ。


まさか東電は責任を取らずに済めばいいと思っているのではあるまいね。

そもそも原子力発電所は、

米国の指図で日本政府が受け入れ各地の電力会社に押し付けたものだ。

それを政治家も政府も官僚もマスコミも皆、

承知している原子力発電所だから解決が難しいのだ。


では何故、今まで何で事故が起きなかったか不思議だ。

それは事故の詳細が報道に載らないからである。


そして事故が起きても運転が上手く行かなくてもGEに訊けばよい。

GEの下請けで原子炉建設に関わった東芝、日立に訊けばよい。

東電は電気を売るのが商売だ・・・とばかりに、

原子炉は他人任せだったんじゃないだろうね。


東電が自ら原子力発電所を建設運営出来たとすれば、

ここまで間誤付いた対応はしなかったと思うのだ。


政治家も政府も官僚もマスコミも皆ご存知のことなので、

まさか我々だけの責任になるとは考えていなかったと思うのだ。

多数の下請け、孫請け企業が東電、東芝、日立の下請けに付いている。

全体責任であると思いたいのだろう。

しかし事業者は悲しいかな東電なのである。


先日、森田塾で菅首相が東電の責任に押し付けていると聴いた。

仮にそうなると原発事故への対応は東電負担で行なわれる。

その責任と補償額で潰れそうな東電に駆けつける企業はない。

カネも当てにならない「倒電」に誰が駆けつけると言うのか。

このような大事故が起きた場合は、先ず政府が動くのが筋だ。


それも出来ない菅政権は無能政権というよりも、

国民の敵なのではあるまいか。


福島原発事故が起こってしまった今、

「脱原発」は日本国民の総意である。


少子高齢化社会で日本経済が停滞しているが、

これでは益々、日本が沈んでいく。


手遅れになる前に一刻も早く、

東日本大震災の復旧復興と福島原発事故の収束に手を打つべきだ。


今日の植草一秀氏の『知られざる真実』ブログには、

“原発再稼働に向けての茶番を演じる利権亡者たち”
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-942a.html

に、

カネで翻弄される地元の首長、

原発利権に纏わり付いている 「政・官・財・学・電」 の実態が書かれている。

国をリードする者がカネだけに執着している日本。

まともなリーダーを欠いた日本が沈没するのは当然のことだ。





この記事へのコメント

はなもげら
2011年07月02日 09:51
国民の総意ではないですよ。少なくとも私は脱原発はできないと思っています。ですので私は脱原発には賛成しません。
石油が枯渇しても脱原発を言えますか?太陽光発電セルも発電用モータ磁石もあなたが着ている服も食料品もいまや電気がないと作れません。太陽光発電セルも発電機用の磁石は製造するために大電力を必要とします。大気汚染をしながら太陽光発電セルや発電機用磁石を作るとして、ここ数十年は現在の数倍の大気汚染をすることを容認しますか?

毎回思うのですが、脱原発をうたうわりに電気を多量に消費する手法で喧伝するのはどうなんでしょう?
脱原発・反原発をいいたいなら、電気を使わない生活からはじめるべきですよ。電気が消費されなくなれば発電所の増設なんてやらなくてもいいし、太陽光発電セルや発電機用磁石を作るレアメタル等も掘らなくてよくなって環境にはとてもいいことになるんですから。

この記事へのトラックバック