高橋敏男のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 故郷の徳之島に基地はいらない!

<<   作成日時 : 2010/05/10 18:11   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

昼過ぎに竹田さんが訪ねてきた。

竹田さんは某工務店に勤務する真面目な建築技術者である。

その彼が仕事に関係ないことで来てくれた。


どんな相談かと思って待機していたのだが、

今、普天間基地問題で移転候補地案として名前の上がっている徳之島が竹田氏の故郷だというのだ。

その徳之島に基地は必要ない。

造らせないと反対運動が盛り上がっている。

その様子がテレビニュースに映っていたが、

そこで竹田さんは弟と両親の姿を見たと言うのだ。

自分の故郷が米軍基地の移設先にされようとしている。

沖縄その他の地域の基地に関しては、

恐らく他人事と思っていたこともあるだろう。

その彼が次のようなビラを持って来てくれた。

そのチラシをアップする。

 5.14国会請願デモ

 5.15奄美群島・民意デモ

国会議事堂前に島っちゅ集結

“徳之島基地移設反対デモ行進

と国民に参加を求めている。


画像





















このチラシを私のブログに取り上げてほしいと持ってきたというのだ。

拙いブログでもチラシの効果が出れば有難い。

このチラシを更に拡げてもらいたい。

そんな思いでアップすると約束した。

彼は本当に真剣な眼差しで訴えていた。

故郷が蹂躙されている。

一大事に違いない。

彼の心は不安と怒りで煮えたぎっていることだろう。

世界一危険な普天間基地が閉鎖返還されればいい。

その代替施設なんて考えなくていいのだ。


抑止力という言葉が何のためか?

どのような危険に立ち向かうために必要なのか?

その理由も無く、適当な誤魔化しのデマ報道で既成事実化して国民を洗脳する。

「世に倦む日日」の記事にはテレビの福島瑞穂と森本敏の議論が載っていた。

沖縄に有りきの森本を福島が論破したという。

抑止力については植草一秀の『知られざる真実』を参照願いたい。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-61ba.html


抑止力がどうしても必要なら、

沖縄でなくてもいいのではないかと福島が強く主張したことに、

森本が頷いたというのだ。

抑止力は誰を守り、誰から守るのかが前提に無ければ意味が無い。

その根拠は軍事機密なので説明できないというのでは説得力はない。

そんなものに予算を付けてはならない。

その点で言えば森本の福島に対する同意は矛盾を暴露したに等しいことだ。


もう少し、鳩山が頑張り、マスコミの偏向報道にも負けず、

目標を定めた戦略を貫く意思を示せば、

沖縄県民も基地反対の意思で更に強固に結束するだろう。

そうなれば普天間基地は撤退することになる。

そして代替基地は造らずに済むと思うのだ。

もう一歩、どこの地域にも基地はいらないと反対の意思を固めることだ。

竹田さんの目が潤んでいた。

彼の思いは日本国民の思いだ。

徳之島だけの問題ではない。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★普天間基地問題ゼロベースの戦略!
画像はクリックで拡大します。★普天間基地問題ゼロベースの戦略!昨年の総選挙で鳩山 ...続きを見る
ようこそイサオプロダクトワールドへisa...
2010/05/10 23:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入りLINKS(1)

故郷の徳之島に基地はいらない! 高橋敏男のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる