テーマ:政権交代

12・4(金) 小沢一郎対談集会 in 豊島公会堂

主権者フォーラム(旧小沢一郎議員を支援する会)のHPより、 http://minshushugi.net/activity/index.cgi/ 小沢一郎議員が吼える 「国民のための政権を奪取しよう」 12・4小沢一郎対談集会に結集しよう! 安倍反動政権は、 衆参での強行採決により憲法違反の安倍法を成立…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安保法案成立 9・19 は「野党臨終」の日です! (4/8~8/8)

安保法案成立 9・19 は「野党臨終」の日です! (3/8) の続き(4/8)~(8/8)です。 村井実セミナー資料(作成日:2015.9.30)の転載です。 (村井実氏の同意済です) 安保法案成立 9・19 は「野党臨終」の日です! (4/8) 2014年、総選挙でも、それでも懲(こ)りずに10党が参加。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約300兆円の「郵政マネー」が外資に略奪される (『月刊日本』2月号)

郵政民営化が実現して、いよいよ農協改革も断行される。 年次改革要望書から、日米調和対話と名称を変えた、 日米協議を通じて、日本は米国の要求を呑んできた・・・。 その指示通りに実行する部隊として政権が存在するのが、 日本の政界なのでしょうか? そのようにしか見えないのです。 このように茫然と隷従するだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民のレベル以上の議員は得られない!?

昨晩、一由倶楽部で小沢一郎さんが講演したが、 その講演内容の一部が政治評論家の板垣英憲氏のブログに早速アップされている。 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」 http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/861321c24d2ff7ed66a11f586…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国民主権を実現しようとする政治家

“生活の党” 2014年度定期大会の様子が動画でアップされている。 そこで安倍政権の危険性を小沢一郎代表が語っている。 野党の “生活の党” のこの主張こそが、国民が政治に期待することである。 この小沢氏の主張がマスコミで報道されれば、 小沢に対するネガティブキャンペーンで洗脳された、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民の意思を政治に反映させるのが民主主義

しかし、これが何時実現できるのだろう。 安倍内閣にも期待したいが、それが出来る内閣なのだろうか? マスコミが挙って持ち上げているから、それが実現できるのだろうか? 小沢氏の掲げた既得権益層の真の改革を邪魔立てしたマスコミである。 これでは既得権に都合のいい政策しか実現しないのではあるまいか。 そのような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

之を哀しましめて以て其の人を験す

選挙結果は得票率が少ないにも拘わらず、自民党圧勝で終わった。 この結果に、とても納得できることではない! ・・・と怒ってみてもしょうがないのだ。 2009年の政権交代の時も同じような現象が起こったはずである。 僅か2割の人が動くことによって、政権交代が起こるという。 わが国では、何故このように政治に無関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民の生活が第一

nakamowaさんがアップしてくれた。 消費税増税大反対 エプロンデモ 渋谷 このデモ隊が歩く渋谷界隈は日曜日のため人出が多く、 怒りの声を書き留めた幟が目に付いたはずである。 その効果が効いてくることを期待したいものだ。 それもじんわりと、しかし確実に国民の声なき声に浸透することを。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察審査会の実態調査を目的とする法務委員会秘密会の開催について(要請)

標題の要請書の宛名は衆議院議長 横路孝弘 と 参議院議長 平田健二殿 となっている。 この二人が要請文のように関係者に指示できるのか否かが見物だ。 この二人の行動如何で、 我が日本に民主主義が担保されているのか否かが総て明ら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

約束を守る政治家もいる!

「政治家の基準は国民との約束を守る人」 http://60120837.at.webry.info/201204/article_6.html と題する記事を草莽・埼玉塾(堀本ひでき)のブログが書いてる。 (一部、貼りつけ) ・・・ここまで書くと、私が何を云いたいかをお解りですね。 このタイプの契約は、相手が殺生の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

植草事件の真相掲示板

大手のつまらない新聞記事を読む前に、 植草事件の真相掲示板の二つの記事を読んでもらいたい。 http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/ それは昨日(27日)の記事、 日本の「夜明け」のためになすべきこと 投稿者:バード http://9123.teacup.com/ueku…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TwitterTV がんばれ小沢!

本日、海浜幕張のホテルで黒田ゆう衆議院議員のパーティーがあった。 「政権交代の原点を考える集い」の垂れ幕が、 何故か新鮮に見えた。 そして民主党政権に期待する者としては、虚しくさえ見えた。 また、それとともに今の野田政権が、 ここまで変節し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小沢氏には裏ガネ渡さず」―検審に送付されなかった報告書70点も

田中龍作ジャーナルの10日付けの記事を読んでみてほしい。 http://tanakaryusaku.jp/2012/02/0003661 そこには検察審査会に70点にも及ぶ、 「小沢氏には裏ガネ渡さず」の報告書があったという。 しかも検察審査会に送ったのは捏造した証拠であり、 そこで審査委員には、ウソの報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年はどうなる?

2012年は(底無しに)更に冷え込む模様である。 世界各国では政権交代が実現するであろう。 わが日本もその流れに逆らうことは出来ないのではないか? ・・・と森田氏は厳しい見方をした。 政権交代したにも関わらず、 国民生活をほったらかして政治…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

111206鈴木宗男氏釈放記者会見&パーティーの動画

鈴木宗男氏が元気な姿を見せてくれた。 今の社会では政治がもてる力を出せない。 可笑しな話だが、それは似非民主主義となっているからである。 会見では鈴木宗男らしい生き様をしたいと力強く語ってくれた。 この会見を記者クラブの記者はどのような記事とするのだろうか? 動画をしっかりと見て、マスコミ記事と較べて観…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

これが票の取り纏めのための長期戦略!?

昨日の森田塾で聴いたメモから。 混沌とした政治の真相は、こんな処にあったのか? 租税特別措置であらゆる業界の要望に応えていた。 それを伝手に票を得ていた。 それが旧政権自民党の長期戦略であり、 力の源泉である。 こんな政治手法で政治が行なわれていたのだ。 しかし2009年8月に国民が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今、国民が望んでいるのは小沢政権では

トントン カッカ トントン カッカ と太鼓を打ち鳴らしながら、 各戸を廻る春祈祷祭の音が聞こえる。 それを今聞きながら、 パソコンのキーボードを打っている。 昨日の雨天と今日もどんよりとした曇り空だが、 確実に春の音が忍び寄ってきている。 なんていっても肌に感じる空気が違う。 本当に厳しい冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大蛇に呑み込まれる議員たち」が市民を裏切っていく

前阿久根市長の竹原信一氏の2月2日のブログに、 http://www5.diary.ne.jp/user/521727/ 日本の本質が分かる記事が載っている。 「大蛇に呑み込まれる議員たち」が市民を裏切っていく情況がよく分かる。 阿久根市の現状をよく捉えた図星の記事ではないか。 阿久根市の行政は、何処かがオ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

早朝からのチラシ配りに感謝

「市民じゃ~なる」の小高さんから、 http://www.jca.apc.org/shiminj/ http://shiminj.blog108.fc2.com// 正月早々に早朝から浦和駅前で配付したというチラシが届いた。 現在の日本の政治状況を端的に紹介しているので、 その配付されたチラシの内容を紹介したい。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

哀しい別れにも光が・・・

90歳になるSさんの告別式が本日、昼を挟んで執り行われた。 生前のSさんとは親しくさせてもらった。 自分の母親の年齢よりも2歳上だったため、 会うたびに私の母を重ねて見てしまうことが多かった。 そのためか余計に親しくしてもらったのかも知れない。 85歳位まではよく覚えてもらっていたようだが、 その後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平野貞夫さん講演会」のご案内

昨晩、実行委で話がほぼ纏まった。 担当も決まり、いざ講演会を成功させようと決意も新たにしたのはよいが、 毎度のことであるが、来場者を予想することの難しさが残った。 そう悩んでいたところ、流石に手馴れた長内氏の頭によい提案が浮かんだのである。 平野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本一新運動」の原点(22)

平野貞夫の「永田町漂流記」から転載。 http://www.the-journal.jp/contents/hirano/2010/10/22_1.html この記事を読むと、 戦争を煽ったマスコミが、 また帝国主義日本に誘導しようとしているのかとさえ思えてくる。 平野氏の記事には、 今の朝日新聞は「第一…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

森田実氏の「私が今一番伝えておきたいこと」

昨日(8日)、山梨県昭和町カルチャーデザインクラブ・こうふ政経茶話会主催の 森田実講演会が山梨県昭和町地域交流センターで行なわれた。 200人近くの参加者があった。 資料には「信玄の地で信念の知を聴く会Ⅱ」森田実講演会と謳っていた。 演題には“私が今…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マスコミが政治を混乱させている・・・

平沼赳夫 衆議院議員の『政局所感』と題する講演を聞いた。 先の総選挙で17人のグループの代表として闘った。 結果は政権交代の波をもろに受けたため3人だけしか当選できなかったという。 この政権交代は「国民による無血革命」だったと歴史に刻まれるべき重大事件だ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国会議員の仕事

昨晩、『月刊日本』 特別講演会 ~敢えて民主党を叱る~ と題した平野貞夫(政治評論家)氏の講演を聴いた。 (http://gekkan-nippon.at.webry.info/) 講演内容の大筋は平野貞夫氏の「平成政治20年史」(幻冬舎新書)に書いてある。 私は平野氏の話す言葉1つ1つに頷きながら聴いていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民意とは政治利用の何物でもないのか?

今日の辺野古浜通信では、 (参照:http://henoko.ti-da.net/) 期日前投票が14,239人になったと報じている。 実に有権者数(44,896人)の31.72%だと言うのだ。 それが本当に名護市民の民意として反映されたものなのかは誰にもわかりません。 とも書いている。 期日前投…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

抵抗勢力からの日本の独立戦争?

おやっと思うが簡単に受け入れられる言葉ではない。 しかし、もしかしたら現実なのかもしれない。 そんな予感がする表現である。 昨日18付けの文芸評論家の山﨑行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』に載ったテーマだ。 (参照:http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100118/1263768…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

副大臣に要望した

午後3時から開催された地元選出の衆議院議員大島敦氏の新年会に参加した。 受付を済ました後で、 入場者を迎えるために会場入口に立つ内閣府副大臣の彼に要望(陳情?)した。 昨年の講…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more