テーマ:長谷緑也

人殺しのための戦争はいらない。(戦争を)させてはいけない。

60年前の砂川基地拡張計画にストップをかけた。 その中心的メンバーであった、 元・三多摩地区労働組合協議会議長の長谷緑也さんが、 パネルディスカッションの司会進行を務めた。 90歳を過ぎても、 なお元気な万年青年ではないでしょうか? ・・・と思わせる声の良さが際立った。 会場の隅々まで通る甲高い声が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

11・5(木) 砂川闘争60周年のつどい

昨日、60年前の砂川闘争を闘った長谷緑也さんから、 わたしたちに 基地も 戦争も いらない! ---砂川闘争60周年のつどい という案内を戴きました。 同封されていたチラシと絵葉書の一部を転載します。 なお当時、長谷さん等と共に全学連のリーダーとして、 砂川を闘った森田実さんが記念講演をされます。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

なぜ憲法擁護義務をマスコミは報道しないのか?

きょうは吉祥寺駅南口の丸井の前に立った。 駅ビルも工事が終わって、見違えるように変わった。 約束の10分前に丸井デパート前に着いた。 辺りを見回すと、 見覚えのある身だしなみの良い紳士の姿が見えた。 バス停でバスを待っていたのである。 同窓会の大先輩の佐藤氏だった。 近づいて、自分は知人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

長谷秩山 展 (卒寿記念)

吉祥寺北口のギャラリー ル・ポンで、 3月10日(火)~22日(日)まで、 卒寿記念の長谷秩山 展 が開かれています。 http://wrs.search.yahoo.co.jp/S=1/FOR=bG96H.VV3iijhleIKbmVDdNZQeO3j6ZebepfsY3C8i…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

世界遺産登録記念の富士山

土曜日の25日に富士山の絵ハガキが届いた。 世界遺産に登録された記念に描いた2つの富士山だという。 その一つが、この写真の富士山である。 これを描いた長谷緑也さんは、御年今年で89歳になる。 昨年末には吉祥寺駅前でお会いしたが、 本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャーナリスト魂はどこに行ったのか?

井の頭公園駅近くのGallery & Cafe ino を会場に21日まで、 http://inokashira.jimdo.com/gallery/ 森田塾(4月より、現代塾)講師の長谷緑也氏が 米寿記念・長谷秩山展を開催中である。 会場は駅を出て、線路沿いを左に進んで踏切を渡ると直ぐ正面にあった。 線路…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

関西テレビに期待する!

“ 森田実の言わねばならぬ名言123選 ” 出版記念会 in 大阪 が昨晩、開催された。 その記念会に森田塾講師の長谷緑也画伯と参加した。 先日、東京で開催された出版会も盛況だったが、 今回の大阪での出版記念会は、それ以上の活気で満たされていた。 出版社の㈱第三文明社のご協力によるところ大なりと、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵の美楽館訪問

昨日、長谷緑也画伯の絵画展を観賞してきた。 約束どおり、私の友人の画家にも同行してもらった。 長谷画伯は高齢にも関わらず、 お住まいから離れた立川市の蔵の美楽館まで態々お越し頂いた。 そこで描いた時の心持ち、社会状況について丁寧な説明を受けた。 そして案の定、友人の画家に一緒してもらってよかった。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more