テーマ:憲法擁護義務

憲法擁護義務を果たし、平和を守ろうとする人たち

いよいよ山場を迎えた戦争法案。 戦争法案が衆議院を通過した。 参議院を通過すれば、 戦後70年も続いた平和な日本は確実に危うくなります。 日本が攻撃を受けるような急迫な時には、 個別的自衛権で反撃することが出来るのです。 しかし、同盟国が攻撃を受けた場合に、 その同盟国を守るために集団的自衛…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

なぜ憲法擁護義務をマスコミは報道しないのか?

きょうは吉祥寺駅南口の丸井の前に立った。 駅ビルも工事が終わって、見違えるように変わった。 約束の10分前に丸井デパート前に着いた。 辺りを見回すと、 見覚えのある身だしなみの良い紳士の姿が見えた。 バス停でバスを待っていたのである。 同窓会の大先輩の佐藤氏だった。 近づいて、自分は知人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国民の命差出す・・・動員??

長周新聞の記事に目が留まった。 21日の記事であるが、いま安倍政権の遣ることを見ていると、 この記事の通りだと納得してしまう。 安倍首相のお膝元の新聞が、 このように国民の大多数の気持ちを代弁している。 正論を書いているではないか。 それにも拘わらず、なぜ大手マスコミは、 このように書けないのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2・1 阪田雅裕さん講演会

脱原発・埼玉メールより、 元内閣法制局長官の阪田雅裕さんの講演会の案内が届きました。 テーマは、「憲法9条と集団的自衛権」です。 日本国憲法の第九条には、  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、 国際紛争を解決する手段として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

したたかな国キューバ(西林万寿夫著)

上記の本の帯に、 「今、キューバで何が起こっているのか。 前駐キューバ大使が3年半の体験に基づき解き明かす。」 と書かれている。 その著者である、前キューバ大使の西林万寿夫さんの講演会があった。 アジア記者クラブ8月定例会で、 http://apc.cup.com 「キューバの歴史的実験をどう見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当の中国を日本人は知らない!?

昨日(4日)の森田実の言わねばならぬ 2013.4.4(その1)に、 http://moritasouken.com/sC1891.HTML 胡金定先生の記事が紹介されていたので転載する。 このように近隣諸国が平和を長く保つためには、 マスコミが正しい情報を国民に伝えなければならない。 それをせずに、戦…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国会議員よ・・・、本当に憲法と国民を守っているのか?

憲法擁護義務が課されているにも関わらず、 野田政権は消費税増税法案成立に向かって、無我夢中である。 その他の法案の中にも、 国民を縛り付けるような代物が含まれているという。 なんという酷い政権に落ちてしまったのだろう。 これほど民意を裏切り、 真の権力者にひれ伏した政権も珍しい。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more