テーマ:森田実

国会は死んだ!?

昨日の “森田実の言わねばならぬ” その1に, 菊池寛の言葉、「一団の人間が一度権力を獲ると、 彼らは権力を得たゆえんの正義の方を忘れて、 権力の方を後生大事に持ちたがるものである」 を紹介している。 最高法規である憲法を無視したまま暴走している安倍政権は、 言語道断で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

人殺しのための戦争はいらない。(戦争を)させてはいけない。

60年前の砂川基地拡張計画にストップをかけた。 その中心的メンバーであった、 元・三多摩地区労働組合協議会議長の長谷緑也さんが、 パネルディスカッションの司会進行を務めた。 90歳を過ぎても、 なお元気な万年青年ではないでしょうか? ・・・と思わせる声の良さが際立った。 会場の隅々まで通る甲高い声が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

“砂川闘争60周年のつどい” in 立川

明日5日の午後6時30分から “砂川闘争60周年のつどい” が開催されます。 政治評論家であり、山東大学名誉教授の 森田実さんが記念講演をします。 砂川闘争を共に戦った当時の長谷緑也さんたちも集います。 辺野古米軍基地建設阻止の闘いにも繋がる集会です。 集会を盛り上げ、 ごり押し政権に負けずに闘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11・5(木) 砂川闘争60周年のつどい

昨日、60年前の砂川闘争を闘った長谷緑也さんから、 わたしたちに 基地も 戦争も いらない! ---砂川闘争60周年のつどい という案内を戴きました。 同封されていたチラシと絵葉書の一部を転載します。 なお当時、長谷さん等と共に全学連のリーダーとして、 砂川を闘った森田実さんが記念講演をされます。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

世界遺産 泰山に登る

この度、森田実先生が、 山東大学名誉教授に就任することになり、 それを記念する、 儒教の聖地 孔子の里 曲阜を訪ねる山東省の旅 が企画され、6月末に実施されました。 それに参加したのですが、 連日、厳かな儀式と晩餐会が続きました。 慣れない異国の地への旅です。 そのためか旅の後半から数日、 お…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

長谷秩山 展 (卒寿記念)

吉祥寺北口のギャラリー ル・ポンで、 3月10日(火)~22日(日)まで、 卒寿記念の長谷秩山 展 が開かれています。 http://wrs.search.yahoo.co.jp/S=1/FOR=bG96H.VV3iijhleIKbmVDdNZQeO3j6ZebepfsY3C8i…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

森田実の “一期一縁” が出版された

昨晩、“森田実の一期一縁” 出版記念会が都内のホテルで開催された。 この本の帯に杉良太郎氏推薦の言葉がある。 「本書は森田実という一人の知識人が昭和、平成を生きてきた証であると思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徹底討論 憲法改正を許さない!

明日24日(金)に標記講演会があると知人が教えてくれた。 早速、ネットで検索すると、 プロジェクト猪掲示板 団塊=全共闘世代の自由討論の場です。 皆さんの思いのたけを書き込みましょう。 http://6922.teacup.com/projectinosisi/bbs ・・・に詳細が載っていたので転載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国縦断シンポジウム・第4回 (札幌) これでいいのか日本!

聴いてください 見てください あとは自分で考えてください・・・。 会場の熱気と講演者の生の声を聞いて、 日本の現実を知ることが、今ほど必要な時期はないと思います。 マスコミ偏向報道を信じて生きていくのも結構ですが、 それでは私たちの生活は、働けど働けど一向に良くなりません。 戦前回帰の流れに押し流されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポツダム宣言の効力は今も続いている

“村山談話を継承し発展させる会” 主催の集会があると、 昨日、知人のHさんから連絡頂いた。 森田実さん、孫崎享さん、そして天木直人さんの三人が 登壇する集会だという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記者はプライドを持て!

記者クラブの存在は既得権という問題を超えて、 社会の公平性・公正性を守るための最大の阻害要因である。 森田実氏の発言は正論である。 新聞社とテレビ局の経営陣が同じでは、 情報統制されて、国民が知りたい情報が伝わるはずはない。 このようにマスメディアが権力と癒着し既得権となっている状況では、 国民を騙す…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

村山富市特別講演「歴史認識を語る-村山談話の歴史的意義」

“村山談話"をめぐり、 安倍首相の発言が初めは見直すと言っていたが、 反発が大きかったため、次は検証はするが見直すものではないとか、 歴代首相の談話を否定するものではないとか、 コロコロと変節して、 紙面をみるだけでは真意が掴めないのではあるまいか? このように責任ある立場の首相の発言が二点反転していては、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6・19 シンポジウム これでいいのか日本!

日本一新の会HPに本日アップされた、 シンポジウムのご案内です。 http://nipponissin1.blog136.fc2.com/blog-entry-350.html この顔ぶれに、 今の日本の危機が本物であることを感じない人は居まい。 いまの安倍自民党政権は、 生徒会と揶揄された民主党政権の比では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

迫力満点 “流血の記録・砂川”

何処まで暴走する気なのだろうか? 後になって、適当に止めておけばよかった!・・・なんて、 後悔しないでもらいたいものである。 それにしても政権を取り巻く連中は、どうしているんだ。 このままに首相個人の責任に任せて、 暴走を許してしまうというのではないだろうに。 すでにブレーキをかけるだけの力量と 勇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公明党は平和の党?

歌舞伎を観て、横浜に行った。 そこで夜のクルージングを前に山下公園付近を散歩したときのこと。 中華街を一回りして、 山下公園に戻る途中で戸田城聖記念館を見つけた。 横浜には何度か来ているが、 この創価学会戸田平和祈念館には気づかなかった。 これも最近、危険な兆候となっている日本の政治に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主主義と平和憲法を守れる政党はどこか?

森田実氏(元森田塾塾長)が、 民主主義の危機を国民に訴えている。 よく目を開き耳を澄まし、真実の声を聴き今度こそ、 平和を守れる政党に一票を投じてもらいたいものです。 一人の人間がそんなに強いのだろうか? そんなことはない。 周りが都合がいいから、黙殺しているだけだと思うのだ。 そして、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米寿記念 長谷秩山展 のご案内

秩父は皆野町出身の画伯 長谷緑也氏が本年米寿となった。 その記念として井の頭公園近くで個展を開く・・・。 長谷さんはシベリヤ抑留経験者であり、 また伊達裁判長が違憲判決を下した、 砂川(現、立川)基地拡張の反対運動にも関わった闘士である。 この判決に納得しない米国は日本の裁判制度も無視して、 直ぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンカーンの決断

安岡正篤の活学一日一言は、こんな文章をさり気なく、 紹介しているところにある。 物事の決を採るためには、 このようなユーモアをもって当たると反対できないかもしれない。 かと言って、今の安倍首相が、このようなユーモアでもって、 憲法改悪、辺野古基地建設、TPP賛成、消費税増税、 原発再稼働を決断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九条護憲政治家に頑張ってほしい!

今日は久し振りに清隆氏に会った。 http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/ その彼から買ったばかりだという、 月刊 「自然と人間」2月号 を戴いた。 その2~4ページに森田実氏の “2012・12・16 衆院選の意味” -日本政治の極右への転換・憲法九条の改…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

杉良太郎さんの「樅の木は残った」を観劇して

18日は杉良太郎さんの公演「樅の木は残った」を、 観劇するために大阪上本町の大阪 新歌舞伎座に出かけた。 午前11時からの公演に間に合わせるには、 地元駅を朝一番の電車に乗らなければならない。 初めて一番電車に乗った。 そこで驚いたのは、こんな早朝に乗客が200人位も並んでいたことだ。 午前5時3…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

記者クラブの記者はエサを食べて大きくなっているニワトリ。

7月23日に政治評論家の森田実さんが自由報道協会で記者会見!! これはニックネーム(ネーム)様が送ってくれた記事です。 「ネーム」様は、時々、貴重な記事を教えてくれるのです。 私にとって、本当に有り難い存在です。 詳細な記事は山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル! http://enzai.9-11…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

公望さん!元気会

昨晩、霞が関ビル35階の東海大学校友会館にて、 元郵政公社常務理事の稲村公望氏の 「黒潮文明論」出版記念パーティーがあった。 その様子は写真からご想像願いたい。 なお maholobajapan が取材に来ていたので後日アップされると思う。 稲村さん、亀井さん、森田さんの挨拶など動画がアップされ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

大善文男裁判長の良識に期待する!

組織より、個人の存在に重きを置いてほしいものだ。 個人、家族、地域、社会、そして国家という順番に成り立っている。 今、廻りを見渡してみるがいい。 福島原発事故もそうだが、 それ以前に何と恐ろしい社会状況になってしまっているのか? 知れば知るほど恐ろしくなるはずだ。 日本を、このような社会にして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西テレビに期待する!

“ 森田実の言わねばならぬ名言123選 ” 出版記念会 in 大阪 が昨晩、開催された。 その記念会に森田塾講師の長谷緑也画伯と参加した。 先日、東京で開催された出版会も盛況だったが、 今回の大阪での出版記念会は、それ以上の活気で満たされていた。 出版社の㈱第三文明社のご協力によるところ大なりと、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォレストベンチ工法で被災地復興を!

森田塾講師の栗原光二先生が開発したフォレストベンチ工法は、 気仙沼の民家を東日本大震災の大津波から守り抜いた。 コンクリートで固めた法面は見事に打ち破られたが、 大津波の勢いを吸収して、 打ち消す効果を持っているフォレストベンチ工法は、 損傷が僅かであり、その効果は見事に達成された。 先日、現…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

玉砕しかないなんて・・・・・。

12日の晩、「こうふ政経茶話会」の森田実先生ミニ講演会を聴講した。 小沢一郎氏を巡る裁判の行く末を案ずる1人として、 講演会後に森田先生に訊ねた。 小沢一郎氏の裁判の行く方は、どうなるのでしょうか?・・・・・。 森田実氏は学生時代に左翼リーダーとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年初めに嬉しい言葉

今日の昼前、北関東の某建設会社のS支店長さんが新年の挨拶に見えた。 来訪の際にはいつも元気な声を掛け合う紳士然とした方である。 勿論、彼の頭はカツラのためか黒々としている。 そしてビシッと決まっている方である。 その彼が新年の挨拶を交わしたあとに、 昨年、某物件をライバル会社が落札したことを知っていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目覚めよ日本 今こそ行動に出でよ!

これは昨晩の講演会で感じたことだ。 昨晩の月刊日本 特別講演会 「亡国菅政権を斬る」(森田実政治評論家)は大変面白かった。 というよりもこんなに酷い国に成り果ててしまったのかと愕然とする内容だった。 日本がアメリカ支配の国にあるのは凡そ見当はついて…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

日米同盟に国民の8割が賛意?

昨日行なわれた、天木直人氏の“さらば日米同盟”出版記念講演会で 天木氏は今まで以上にキッパリと憲法9条を持つ日本が平和外交を展開すべきだと訴えた。 そのことに天木氏は確信を持っているように感じた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more