テーマ:亀井静香

“根っこの会” が、安倍政権に圧力!!

午後6時から所用があり、柏市まで行ってきた。 そこで柏市には、ホットスポットがあると聞いていたので、 JR柏駅から一緒になったTさんと目的地まで15分ほど歩いた。 その途中の公園で放射線測定器をあてて測定してみたところ、 あややデジタル表示された数字が、0.19μsv/h を指していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀井静香は健在なり!

亀井静香氏は今日も意気軒昂だった。 これも当然なことだと理解できた。 今日、憲政記念館で開催されたセミナー、 「日本をどうする!」で亀井氏は、 現在の安倍政権の進める集団的自衛権行使や TPP推進に大変な危機感を持って、聴衆に訴えた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノミクスで経済が悪くなると指摘していた (日本経済復活の会)

何度聴いても関心することが多い政治家であるが、 昨日も亀井さんは政治家の中の政治家の姿を見せてくれた。 亀井静香さん講演会 聴講メモ (平成27年1月26日 日本経済復活の会にて) から。 ① 四反三畝の農家の生まれ。ダム建設で村が埋没するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本一国民を愛する男」 と 「2・28 斉藤貴男さん講演会」

市民じゃ~なる125号 創刊15周年記念 鵜飼哲さん講演会の記録 (2010年10月10日付け)の最終ページに、 亀井静香氏に関する記事がある。 4年と3か月前の記事になるが読んで頂きたい記事です。 いまでもやっぱりそうかと納得できる記事なのです。 何故かと言えば、現在でも当時と何も変わらないどころか、 益々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀井氏が「復活の会」で吼えます!

頂いたメールに、下記のお知らせがありました。 憂国の士 亀井静香氏の講演会案内です。 (転載) 亀井静香衆院議員が1月26日、「日本経済復活の会」で講師を務めます。 わが国政界で弱肉強食の従米政策とただ1人闘い続けている勇者の魂からの訴えに耳を傾けてみませんか。 ○日時 平成27年1月26日(月)午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未年の “根付” が暗示すること

比較的空いている銀行の窓口に納付書を持って出かけた。 今日5日は、まだ正月気分も抜けず、人通りも少なかった。 まだ開店したばかりの、 早い時間だったので行内のお客さんはたった二人。 そのため直ぐに記入台で公共料金納付書に必要事項を書き、 納付書と共に窓口に提出できた。 受付番号は5番だった。 まだ正月の最中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度の総選挙の争点は、消費税増税延期の信を問うことだけではない。

衆議院が解散され、総選挙となった。 特定秘密保護法が、選挙中の12月10日に施行される。 今度の総選挙の争点は、 消費税増税延期の信を問うことだけではない。 もっと多くの問題が山とあるではないか。 集団的自衛権、TPP参加、特定秘密保護法という安倍内閣が、 決められる政治という建前で、強引に閣議決定した法律な…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

莫大なカネをドブに捨てる大義なき総選挙

昨晩、都内のホテルで「月刊日本」の南丘喜八郎主幹の著書、 “赤子が泣くのは 俺の心が泣くのだ” の  出版記念パーティーが開催された。 その席上での、挨拶に立った亀井静香氏は激しい口調で放った。 今皆さんは、5寸釘を打たれているのに、 なぜ針治療を受けてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民主権は何処へやら?

亀井静香衆議院議員主催の勉強会、 「日本をどうする!」が憲政記念館で開催された。 会場は満席で両側通路まで埋まり、 立ち見がでるほど支持者が駆けつけた。 日本国を思う亀井さんの人柄によるものだとおもう。 亀井節は毎度のように、力強かった。 亀井氏…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

4・21(月) 亀井静香講演会 IN 中野サンプラザ

亀井静香氏の講演会が1週間後に迫った。 「真相JAPAN 復活 感謝祭 緊急セミナー」で 亀井静香氏が講演してくれるという。 http://blog.livedoor.jp/takutaku2946/ この機会に政治とはなんぞや!? ・・・を亀井静香先生に訊こうではないか。 野党がほぼ声なき弱体政党に化してしまっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

3・21(金・祝) 400歳の伝言

合わせて、400歳に近い戦前戦後を生き抜いてきた、 諸先輩4人が戦争を知らない世代に何を伝えてくれるのだろうか。 (国家主義に向かう?現安倍政権の暴走についてか) 会場は、浦和駅東口のコムナーレ9階の 浦和コミュニティセンター第15集会室です。 人生経験豊かで今も元気な高齢者たちは、 どのような見解を持っているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サムライ出て来い!

2か月前くらいから、頻繁に1億2千万円を贈与したい。 或いは5000万円振り込む用意が出来た。 しかし口座を知らせて頂けないので困っているなどと ほぼ毎日メールが届く。 それも初めの頃は送信者不明のメールだったが、 最近は女性の名前を使っている。 このような迷惑メールを発信している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「TPP秘密交渉の正体」出版記念パーティーで

高橋清隆氏の記事は真のジャーナリストらしく、 取材した内容を的確に纏めて発信している。 極めて分かり易く、読みやすい記事である。 パーティーの現場に居合わせた者として、それを確信する。 本当のジャーナリストとは、 間違いなく、彼のような記者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀井静香インタビュー 「日本の土着思想で世界を救え」 (高橋清隆の文書館)

私たちは、今、出口の見えない迷路を彷徨っている。 これは日本ばかりではなく、世界で同時に起きていることだという。 その迷路から脱出するためには、日本の土着思想が必要だと、 亀井静香氏がズバリ指摘する。 高橋清隆氏の文書館が紹介している、 亀井静香インタビュー 「日本の土着思想で世界を救え」 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このままでは国が立ちゆかなくなる・・・。

久々に高橋清隆氏がブログを更新した。 亀井静香に聞く 「共闘しなければ、日本は死に体に」 http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/1745414.html 亀井静香衆議院議員(みどりの風)に3月27日、 わが国が抱える政治課題と自らの政治姿勢について聞いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽装報道を見抜け!

今日、昼過ぎに高橋清隆氏が来てくれた。 清隆氏と言えば、 「偽装報道を見抜け!」 「亀井静香が吠える 痛快言行録」 そして「亀井静香 最後の戦いだ」の著者であり、 フリージャーナリストである。 彼は現在のジャーナリズムが、 その本来の役割を果たしていないことを嫌っているのであろうか? …
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

公望さん!元気会

昨晩、霞が関ビル35階の東海大学校友会館にて、 元郵政公社常務理事の稲村公望氏の 「黒潮文明論」出版記念パーティーがあった。 その様子は写真からご想像願いたい。 なお maholobajapan が取材に来ていたので後日アップされると思う。 稲村さん、亀井さん、森田さんの挨拶など動画がアップされ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

二つの本の紹介

最近、出版された 「亀井静香 最後の戦いだ」 と、 7月28日発売となる 「戦後史の正体」 の紹介です。 政治家 亀井静香氏の会見発言並びにインタビューを元に、 亀井氏の素顔を追った高橋清隆氏の本は、 表紙は亀井氏作の「赤富士」を使っている。 そのためか亀井氏同様にインパクトが強い本となっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第100回「日本経済復活の会」

昨晩の「日本経済復活の会」は100回目になった。 そのため何時もの勉強会とは、 趣向を変えてパーティー形式で開催された。 講師兼主賓は亀井静香氏、田中康夫氏、そえいて亀井亜紀子さん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「復活の会」100回記念に両亀井氏、田中氏が来ます

日本経済復活の会が100回目の例会を迎えます。 下記の通り、6月20日、都内で記念パーティーが開催されます。 来賓には亀井静香・田中康夫両衆議院議員、 亀井亜紀子参議院議員をお迎えします。 どなたでも参加できます。 皆様のご参加をお待ちしております。          記 ○日時 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

早くも 郵政民営化見直し法案 提出に強い懸念!?

真性国民新党は消滅した。 そして国民新党に残った者は、権力亡者としか言えない連中ばかりだ。 野田政権も如何に長く権力維持をするかを目的に、 官僚の意のままに存在する屍政党になっていくのではあるまいか。 自公民が議員立法で国会に提出した郵政民営化見直し法案に早速、 外圧が押し寄せている・・・と朝日新聞…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

NHKは日本偏向協会の略ですね!

高橋清隆氏の JANJAN blog の投稿記事をみると、 http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/ NHKは偏向報道協会と断定できるのではないかと思う。 それは国民新党の亀井静香氏が、 NHK記者に苦情を言ったという記事を読んでもらえれば分かる。 最近の政治番組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀井亜紀子さんを囲む早春の集い

確定申告期限前日の昨晩、 参議院議員の亀井亜紀子さんを囲む早春の集いがあった。 日本経済復活の会(小野盛司会長)の講演会で、 亀井さんからパーティーへの招待券を頂いた。 その折角の招待なので遠慮せず、聴講仲間と参加したのだが、 その集いに出かけて大変よかった。 亀井さんは国民新党という小さな党…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

郵政改革法案の「つるし」を自民党のせいにする! 岡田幹事長

昨日のJANJANブログの高橋清隆氏の投稿記事によれば、 「岡田幹事長が郵政改革法案の「つるし」を自民党のせいに」すると、 http://www.janjanblog.com/archives/46575 政権政党の幹事長が記者会見で泣き言を言ったという。 国民の虎の子である郵便貯金、簡保のカネが、 米国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀井氏が自民の報道チェックを批判

「亀井氏が自民の報道チェックを批判、出禁を奨励」 JANJAN blog に反ジャーナリスト 高橋清隆氏が投稿した記事である。 http://www.janjanblog.com/archives/46015 亀井静香国民新党代表が20日、 自民党がメディアを監視する部隊を設置したことについて 「言論弾圧に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民が郵政改革法案を78日間審議拒否中

高橋清隆氏の【PJニュース 2011年6月30日】の記事です。 自民党が郵政改革法案の審議を78日間も拒否している。 衆議院本会議で特別委員会の設置が決まりながらの審議拒否は前例がなく、 亀井静香国民新党代表は「議会制民主主義の否定」と憤る・・・と続く。 事の詳細はPJニュースにアクセス願いたい。 http:/…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

田中康夫・亀井静香両代表が増税なき復興対策を主張

反(真の)ジャーナリストの高橋清隆氏が綴るJANJANブログ記事の題名である。 http://www.janjanblog.com/archives/41985 亀井氏と田中氏は統一会派を組み、 財務省主導による復興予算の編成を批判している。 至極まともな国民派の議員二人の主張を紹介している。 お勧め記事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三宝会」は何のためにあるのか?

“機動左翼たかおん さん”がMIXIのつぶやきで三宝会を紹介している。 「三宝会」は竹下元首相の指示で1996年につくられた秘密組織で、 新聞、テレビ、週刊誌、政治家、官僚、評論家が集まり、 自民党にとって最大の脅威である小沢一郎氏をメディアの力で抹殺する作戦が行われている。  現在も存在し強力な指導力は健在だ。 ・・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「反小沢」メディアが99%は異常過ぎないか!

昨日、小沢一郎政経フォーラムで日刊現代編集局長の藤田学氏が講演した。 演題は “「脱小沢」政治に何の意味があるのか” であった。 藤田氏は最近のマスコミ報道の異常さが何処にあるのかをズバリ指摘した。 まず如何して此処に来て小沢一郎氏の「政治とカネ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢一郎がホンモノの政治を語った

ニセモノ流行の世の中にあって、 まともな政治家は彼しかいないのだろうか? いや失礼、亀井静香氏と鈴木宗男氏もいる。 しかし、このところ国益を守れる政治家が本当に少なくなってしまった日本国だが、 そんな中で「政治とカネ」で連日、マスコミから叩かれ続けている小沢一郎が、 ニコニコ生放送に一昨日(3日)午後4時か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more