シビリアンコントロールは何処に行った!?




6月21日に行われた 第6期 沖縄意見広告集会で
伊波洋一さんから頂いたCDを開いて、講演動画を視聴しました。

沖縄の置かれた現状がよくわかります。

2014年6月10日に講演された、
元宜野湾市長の伊波洋一さんの講演動画 です。

現在の沖縄と日本が置かれた軍事的状況を知るためには、
このような動画で現実を知ることが必要です。
ユーチューブにもアップされていました。

しかし、視聴回数は現在、僅かに 100 回 です。

この現実は何を物語っているのでしょうか?

我が国民が沖縄に無関心なのか、
或いは基地が沖縄に無いと日本が守れない、
だからしょうがないのだ!

このように報道のままに洗脳された私たちを
表わしているのだとすれば本当に将来が心配になります。


毎週金曜日の官邸前の集団的自衛権反対デモには、
2万、3万を超える人々が集まり、
政府の暴走を止めようと反対の声を上げています。

それでも安倍首相以下、閣僚は法案可決に向けて、
嘘の答弁を繰り返して、平然と駒を進めています。

そう閣僚たちは自負しているでしょう・・・。

その裏には米国の思惑通りにやれば法案は通せる、
邪魔が入らないとでも考えているのでしょう。

米中関係と日米関係、東シナ海、南シナ海
この軍事的バランスの実体把握を米国任せにしたまま、
日本が米国追随して、国益が守れるのでしょうか?

外交を通じて敵を減らす努力をせず、
敵対するために指示通りに軍事力を配備すれば敵愾心を煽り、
国益を害するだけです。

これでは国民が反対するのは当たり前の事です。

このまま安倍政権が暴力的な国会運営を続けるならば、
自由民主党の名を返上して頂きたいものです。

安倍政権は歴史観も反省も持ち合わせていないのでしょうか?


時間を作って、
是非、伊波さんの講演動画を観ていただきたいものです。

集団的自衛権を国会に審議する以前の2005年に、
既に日本の外務省、防衛相と米国の国務省、国防総省のお役人、
日米の2+2で「日米同盟:未来のための変革と再編」と称して、
具体的内容が決められているのです。

この事実を知れば、
一体国会は何をやっているのだ!・・・と怒りが湧いてくるはずです。

それに門外漢に分かるはずないという、
軍事専門家が先行するのも傲慢にすぎると思います。

一体、シビリアンコントロールは何処に行ったのでしょう。


(伊波洋一さん:6月21日)
画像



















画像












(ユーチューブ動画)
社会運動ユニオニズム研究会「南西諸島の軍事強化に反対する沖縄と日本」



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

しんじられない
2015年07月06日 10:13
公明党は、戦争法に賛成している。その公明党を絶対支援するという人がいる。信じられない
なんとなんと
2015年07月06日 21:18
国会議員がふやけているのは、報酬がべらぼうに高いことだ。世界一高い。アメリカのほぼ1・5倍だ。
発売中の週刊フライデー(7月17日号)が国会議員の血税ドロボーぶりを見開き4ページを使って余すところなく伝えてくれている。あまりにも腹立たしいからその詳細はここでは書かないが、国会議員の年収は7000万円を超るというのだ。あの杉村太蔵が登場して証言をしている。その週刊フライデーの記事はこう締めくくっている。
「消費税増税や社会保障費の値上げなど国民の負担は増える一方の中で、この高待遇。政治家はオイシイ仕事以外の何物でもない」と。
ふざけるな
2015年07月07日 08:24
【NHKスペシャル”与野党代表に問う 自衛隊の活動拡大と憲法”】 「(違憲だと言っているのは)憲法学者の一部じゃないですか」 北側一雄公明副代表 ⇒ はぁ!? 冗談か寝言かどっち!?逃げ切ろうとするトンデモな、
公明党副代表・北側一雄サンに。「ざけんな!」 って言ってやりたいね。いい加減になってきたね。「ナニが平和の党だ、ふざけんなよ!」
頭の配線が壊れた人が大統領や首相だ
2015年07月07日 15:57
オバマ米大統領は「イスラム国」掃討作戦で、米国主導の有志連合による空爆は「計5千回以上に上っている」と述べ、数千人の戦闘員を殺害したと強調した。「空爆を強化し、引き続き、資金源になっている石油やガス施設を標的にしていく」と。
チャップリンが「1人殺せば犯罪者だが戦争で100万人殺せば英雄だ」(「殺人狂時代」)と語った。自分の信奉する「正義」の名のもとであろうが、無人飛行機で人殺しをしているだけだ。「殺人鬼」ではないか。オバマの頭の配線は狂ってないか。
戦争は「正義」と「正義」のぶつかり合いだ。「正義」が「悪」をたたきのめす「征伐」じゃないか。「正義」と「正義」が戦って、負けた方が少数派となり「悪」と言われる。
イラク戦争は、正義だったか。ブッシュ大統領が「イラクは大量破壊兵器を保有している」と繰り返し宣伝した。開戦理由にしたが大量破壊兵器が発見されなかった。この戦争の『大義』が失われた。イラクに「自由と民主主義と人権」を確立すると、スローガンも嘘だった。アメリカは自らが正義と言っているが、本当か。「正義」の名のもとに人を殺しまくっただけだ。イラクの国を荒廃させ「イスラム国」が誕生した。日本を今度道連れにして戦争をする気だ。

この記事へのトラックバック