自主独立を掲げた政治家は潰される

画像




















早速、買ってみたい・・・。
そんな思いに駆られる本が出版されていました。

それは 副島隆彦×佐藤優 『崩れゆく世界 生き延びる知恵』
--国家と権力のウソに騙されない21世紀の読み解き方--
です。


ネット記事を読んでいたところ、ある記事に目が止まったのです。

“語られる言葉の河へ” さんのブログ記事です。
http://blog.goo.ne.jp/humon007

その記事、
【佐藤優】中小企業100万社を潰す竹中平蔵 ~安倍“暴走”内閣(4)~
http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/ab2c9e3e8fcc24699d0ad80938930f34

に目が止まったのです。

昨日と今日続いて、アップされています。

その(1)の目次を転載します。
目次だけを見ても想像できるのではないでしょうか。


(転載)
【佐藤優】安倍“暴走”内閣で窮地に立つ日本 ~安倍“暴走”内閣(1)~
2015年07月23日 | ●佐藤優

Ⅰ 官邸主導で暴走する安倍政権の危うさ
 (1)小沢一郎勢力はボロボロに崩されて日本は翼賛体制へ
 (2)自民党の選挙コピーは全体主義国のスローガン
 (3)米国は安倍政権をヘンな右翼集団と見抜いている
 (4)2014年“突然選挙”の黒幕は米財務長官
  (5)竹中平蔵が中小企業100万社を潰す
 (6)円安を喜び、ルーブル安を危惧する日本人の愚かさ
 (7)アベノミクスは反知性主義が生んだ現代の錬金術
 (8)官僚の課長クラスの人事も握る内閣人事局の恐ろしさ
 (9)「戦後レジームからの脱却」で日本はどこに行くのか
 (10)普通の民主主義とは波長が合わない安倍政権
(11)日本とイスラエルが軍事面で技術提携する

Ⅱ 戦争に突き進んでいく安倍政権
 (1)日本に安保法制の改正をやらせる米国
 (2)「行動する保守」の排外主義的言説を放置するな
 (3)尖閣諸島問題で日本は世界秩序をかく乱させている
 (4)国連は国際的強制執行活動の機関だから怖い
 (5)もうすぐ尖閣諸島で軍事衝突が起きる
 (6)日本と中国とぶつけさせたい米国の計略

Ⅲ 安倍独裁政権に歯止めをかけられるか
 (1)創価学会・公明党という中道勢力の重要性
  (2)安倍政権はまるで「ウンコ座りの暴走族」
  (3)民主勢力も米国に操られて小沢一郎を潰した
 (4)安倍晋三の頭の悪さに官僚もやる気をなくしている
(転載此処まで)



・安倍政権が傀儡であること。
・自主独立を掲げた政治家は潰されるということ。
・日本が民主主義国として、自立するには国民の覚醒が必要なこと。
・日本が平和国家として、戦争しない国を続けるには、
 それなりの覚悟が必要なこと。
・このような中でも既得権益が蔓延っていること。

・・・が分かります。

勿論、民主主義を維持するには、時間とコストがかかりますし、
他人任せでは成立しないのです。

まだ決着がついたわけではありませんが、
それにしても小沢一郎氏が、潰されていく様子をドラマの如く眺めていた、
無責任な大人が多過ぎたとは思いませんか?

本当に残念なことですが、これが今の日本の現実であり、
戦前の日本でもあるのかもしれません。

この現実に対する判断を後の歴史家に託すだけで良いのでしょうか。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

勝手連の嘘
2015年07月25日 00:49
嘘も方便というのか。政治評論家として信頼されていた人が、公明党を勝手に支持する勝手連と名乗り始めた。信頼は地に落ちた。どこを見て公明党を平和の党というのか。戦争法を推し進める公明党にノーというべきだ。
あきれた
2015年07月25日 09:07
М評論家。「公明党太田大臣は日本を救う中興の祖」呆れた呆れた。
ゆれる
2015年07月25日 23:31
公明党が揺れ動きだした。公明党が揺れ始めた。
別動隊
2015年07月26日 06:39
公明党は、集団的自衛権。秘密保護法。安保法制。どれひとつ反対しない政党だ。大政翼賛会だ。「平和の正党」嘘つけ。犯罪者集団に自民党と同じ穴のムジナだ。もっと悪いのは、自民党の陰に隠れてしたい放題のことをしている。安倍の別動隊。
ゲスト
2015年07月26日 07:15
憲法を頂点とする日本の法体系に憲法に反する法律を収める余地はない。もしそれが可能だとしたら現憲法の上に別の憲法が制定されたとするほかなく、自公政権は解釈改憲によって新たな憲法を打ち立てたことになる。だがこの憲法は正規のプロセスを経て制定されたものではない。ただの私的憲法に過ぎない。従ってもし法案が通れば、自公政権はクーデターを敢行したことになる
ばればれ
2015年07月26日 07:24
安倍政権を辛らつに批判していた辛口政治評論森田実氏の正体『公明党=創価学会の別働隊』がばれた!
尻馬
2015年07月27日 07:52
世に数々の嘘はあれど、「公明党が「平和と福祉の」の党」と言って憚らない。これほどひどい嘘はない。アーメンソーメンうどんにきしめん。まったくこんなことで人をダマし、その尻馬に乗って騒ぐ人もいる。評論家もどきもいる。ニセ評論家だ。
虚偽政党
2015年07月27日 19:26
嘘で塗り固められた「平和の党」公明党の嘘をおうむ返しする人がいる。悪質卑劣、創価学会・公明党は、憲法を守る気なし。山口は嘘ばかり言う。

この記事へのトラックバック