憲法擁護義務を果たし、平和を守ろうとする人たち





いよいよ山場を迎えた戦争法案。

戦争法案が衆議院を通過した。

参議院を通過すれば、
戦後70年も続いた平和な日本は確実に危うくなります。

日本が攻撃を受けるような急迫な時には、
個別的自衛権で反撃することが出来るのです。

しかし、同盟国が攻撃を受けた場合に、
その同盟国を守るために集団的自衛権を行使することは、
従来、憲法が禁じているため歴代政府は、
集団的自衛権は行使できないと解釈してきました。

少なくとも歴代自民党政権は、
憲法9条がある限り、そう解釈して来たのです。

それを一安倍内閣の閣議決定によって、
歴代内閣が踏襲してきた憲法解釈を変えて、
安全保障環境が変わったからと、
勝手な解釈で集団的自衛権行使を容認していいはずはないのです。

そうしたければ堂々と憲法改正手続きを経ればいいのです。

それが出来ないからと
歴代政権の解釈を勝手に変えてはなりません。

国民に丁寧な説明をして、理解して戴くと言いながら、
真面な説明が出来ず、質問には答えられず、
何が丁寧な説明をするというのですか!?

これほど民意を無視した乱暴な政権を、
戦後、見たことがありません。

圧倒的な数の憲法学者が安保法制法案が、
憲法違反だと断じているのに、

それを学者が平和を守れるのか!
法律は国会が作るものだ!

・・・などと傲慢にも憲法擁護義務を果たさず、
都合のいい解釈変更で、米国の要求をテコにして、
日本版軍産複合体の目標を実現しようとしているのです。

そのために政府は、次々と国民虐めの法案を成立させ、
格差社会を作り、米国同様に人材派遣会社と民間軍事会社を使い、
戦争関連産業が儲かる道へ進もうとしているのです。

当然、食べることに窮すれば、即ち職が無くなれば、
軍隊に入る人が増えるはずだと、
ほくそ笑んでいる政府と軍事関連会社は、
それを狙っているに違いないのです。

一方、政府と同じ公務員の人たちにも、
憲法擁護義務を果たし、平和を守ろうとする人たちがいます。
此方が真面な公務員の姿ではないでしょうか。

昨日の日曜日に多くの公務員の方たちも、
ボランティアに交じって、駅前でビラ配りをしていました。

これは当然のことです。
公務員だから、戦争に行かずに済むわけではないのです。

此れまでのように戦地に行かなかった自衛隊が、
戦地に行くようになるのを目の前にして、
早期退職希望者が増えている現実があります。

そうなると隊員が減り、その結果徴兵制が敷かれるはずです。

特に公務員が兵役を義務付けられることになると思います。

ですから、いまが山場なのです。
今をおいて、反対できなくなるかもしれないのです。

全国各地で戦争法案反対の声が上がったことで、
安倍政権に動揺を与え、法案を廃案にすることも可能です。

もっともっと大きな声で、多くの人が集って、
反対の声をあげて頂きたいものです。

昨日、頂いたチラシを貼り付けます。

(チラシ)
9条こわすな! 戦争させない!!
埼玉で10000人が怒りの声をあげた
全ての市町村で戦争法に反対する会をつくろう!

NO 「戦争法案」
「戦争する国」STOP
若者を戦争に行かせない
守れ 憲法9条



画像













画像














画像












画像


























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

b;fvs@e
2015年07月21日 23:37
参院での「戦争法案特別委」の委員を引き受ける
自民党議員が居ない!

KK@Trapelus2時間2時間前
もはや政権浮揚策なし【安倍政権】末期水域突入 
安倍はフジの番組で「参院審議を通じて分かりやすく説明したい」なんて言っていたが、その参院自民では、安保法案特別委の委員を引き受ける議員を探すのに執行部が必死だという

そりゃそうだろう。
全ての法案の説明は、安倍晋三の腹次第、舌先三寸の口から出まかせでしか不可能な法案だからだ!
うっかり、担当議員の解釈で対応すれば、安倍総理からも野党からも、どんな攻撃を受けるか判らない。そんなもの、恐ろしくて誰が引き受けるものか!

つまりこれは、衆院での審議が全く尽くされていない事の明白な証明でもある。

「重要10法案」を十羽ひとからげにした「戦争法案」は自民党の人間が理解するどころか、参院の党役員にさえも議会で説明さえ出来ない法律であることを、審議入り前から国民に晒しているのと同じである。


こんな状態の法案を
天地がひっくり返っても
国民に理解できる筈が無い!
公明党は何処へ
2015年07月22日 12:36
保法案、衆院委強行採決!公明党はどこへ行く
集団的自衛権の行使を可能とする安保関連法案が15日、衆院特別委員会で強行採決され、自民、公明両党の賛成多数で可決された。維新の議員が退席し、民主、共産両党の議員が抗議する中での強行採決だった。
同法案には、「審議が113時間を超え、審議は尽くされた」(与党)という主張とは逆に、多くの憲法学者、元最高裁判事や元内閣法制局長官らが違憲だと指摘するなど、反対や慎重審議の声が広がっている。
 16日には衆院本会議で可決される見通しだが、直後の土日には、全国各地で、安保法案反対の行動が予定されている。
 与党議員からも「国民の理解が得られていない法案を、強行採決して参院に送って、やりぶすま状態だ。まともな審議ができるわけがないのに、どうする気だ」と、批判が出ているが、官邸の意向は絶対だった。マスコミの世論調査で内閣支持率が逆転し、
これ以上衆院で議論したら、法案への反対は増えるばかり。参院が議決しなくても衆院で再可決できる「60日ルール」を使えるタイムリミットを越えるかもしれないとの不安から、強行採決に突き進んだ。

 自民党の増長を押さえるはずの連立与党の公明党が存在感を見せていない。衆院35議席、約730万票というキャスティングボードを握りながら、自民党の暴走に歯止めをかけられないのは、不甲斐ない。
政権与党の座が長くなった割には、かつて新進党の旗揚げに加わるなど政局をリードしてきた勢いもないし、何よりも、「福祉の党」「平和の党」の二枚看板が色あせてきた。
 公明党の支持基盤である創価学会の前身は戦前、初代会長の牧口
亜米利加に従属
2015年07月22日 13:01
東京新聞朝刊「本音のコラム」欄でも鎌田慧発言。
●憲法を畏れよ
 怒号を浴びて「戦争法案」が衆院特別委員会で強行可決された直後、内閣法制局長官が防衛相の手を握り、ペコペコするのをテレビで見た。「憲法の番人」が防衛相のきげんを取ってはこの世はヤミだ。 「アンダーコントロール」は、安倍首相のお得意だが、憲法のコントロールから逸脱する政権は無法そのものだ。
 国会にはかる前に、米大統領に夏までに決めますと約束するなど、主権在民無視の売国政権だ。違憲の法案を強行採決するのは、法を畏れず、主権者をバカにする行為である。廃案にするまで抗議の声をあげ続けたい。
 それからね、アメリカの2016年度国防予算が日本の安保法制(集団的自衛権)を前提に組まれているそうな。
 「真実を探すブログ」から抜粋します。
●【驚き】アメリカ政府が日本の集団的自衛権を前提に2016年度予算を組んでいることが判明!日本の肩代わりで米兵4万人削減へ!
 アメリカの地元紙は「日本で議論や投票が行われているが、既にアメリカは成立前提で予算を設定した」と報じており、陸軍で4万人の兵士を削減するなどの案も決まっているようです。
 具体的にはアメリカ軍の海外活動を縮小し、軍事力は海軍と空軍だけに集中。その減った部分は日本の自衛隊を派遣して、補填するという内容になっています。この計画は来年以降から拡大する方針で、安保法制の審議については「野党がいかに激しく反発しても関係なく、与党は法案を可決するために十分な議席を持っています」という旨の記述もありました。
鉄槌
2015年07月22日 14:10
「安倍首相に鉄槌を下さなければいけない時期にきている」「集団的自衛権前提でアメリカが2016年度予算を設定」(益川敏英京大名誉教授)
日本の国会を無視して、アメリカに安倍は約束してきた。公明党はそれでもへばり付くのか。公明党はも目を覚ませ。頭は大丈夫か。
こころ
2015年07月22日 16:42
このようなものを見つけました。
1/3
日本人の平和への祈りが込められた「紫金草」、あなたはご存じですか?―中国人学生

日本で「戦争法案」との批判も受け た安保法案が衆議院で可決された。 安保法制をめぐっては、安倍首相が 非公式の懇談会で「中国を相手にし たもの」と発言したとの報道もされ た。
では、中国人は戦争と平和についてどのように考えているのか。南京大学の高静さんは、作文に次のようにつづっている。

あなたは「紫金草」という花をご存 じですか?そして、この花にまつわ る平和を願う人々の物語をお聞きに なったことがありますか?

私が初めてその花を見たのは、小学 生の時でした。春の遠足で私のクラ スは南京市の郊外にある紫金山へ行 きました。バスを降りたとたん、私 の目に飛び込んできたのは、辺り一 面に咲いている薄紫の花でした。小 さな花が3月の風にゆらゆらと揺れ ていて、まるで紫の海のようです。 名前さえ知らないその花が、私は一 目で好きになりました。

私が再びその花に出会ったのは、高 校2年生の時でした。その春、高校 の生徒全員で南京大虐殺記念館を参 観しました。しばらくして、深い悲 しみに浸りながら、暗い展示室から 出た時、記念館の一角に静かに咲い ている紫の花が目に映りました。そ うです、紫金山に咲いていたあの花 でした。
側には「歴史を忘れず、未来に向かう」そして、「平和の誓い」と刻まれた2つの石碑が立っていました。解説員の話から、その花の名前が「紫金草」だということや、「日本紫金草合唱団」の人々が南京での公演記念としてこの花を植えたことを知りました。
こころ
2015年07月22日 16:46
2/3
でも、どうしてここに、この花を植 えたのかしら?この花には何か意味 があるのでしょうか?
実はこの花には、平和を願う人々の深い思いと長い歴史があるのです。
それは、日中戦争で廃墟となった南京の紫金山のふもとから一人の日本人がこの花の種を持ち帰った時から始まります。
その人は戦死者への鎮魂と贖罪、平 和への祈りを込めて、この花を「紫 金草」と名付け、日本中に花の種を まき広めました。その後、多くの日 本人がこの活動に加わり、鎮魂と平 和への祈りは「紫金草」と共に今で は日本中に広がり続けているそうで す。
その後、私たち南京大学日本語科の 学生は、「紫金草合唱団」の方々と 交流する機会を得ました。そして、 「平和の花、紫金草」という歌を聴 かせて頂きました。「過去のあやま ち忘れぬように 祈りをこめて花を 捧げよう」――遥々やって来た老人たちの少し震える歌声を聞いて、私はまぶたの裏がかすかに痛くなりま した。

私は、中国人として、南京人として 戦争を憎みます。
戦争の怖さを忘れてはならないと思っています。同時に「花が好き、歌が好き、平和が好き、人間が好き」そんな日本人がたくさんいることも知っています。
歴史の不幸は取り返せません。私たちにとって今大切なのは、歴史の悲劇を二度と繰り返さないよう、努力することではないでしょうか。

平和は 大砲の口にきれいな花を咲かせる力を持っています。
すべての人が花が好きだとは限りませんが、目の前で炸裂した砲弾が好きな人は一人もいないに決まっています。
私は、平和を願う一粒の種となり、両国の友好のために小さな花を咲かせたいと思っています。(編集/北田)
http://www.recordchina.co.jp/a114230.html
こころ
2015年07月22日 17:14
3/3
※本文は、第一回中国人の日本語作 文コンクール受賞作品集「日中友好 への提言2005」(段躍中編、日本僑 報社、2005年)より、高静さん(南 京大学)の作品「平和の花―中日友 好のために」を編集したものです。 文中の表現は基本的に原文のまま記 載しています。なお、作文は日本僑 報社の許可を得て掲載しています。

以上。

南京大虐殺の真実はどこまでが事実でどこが違うのか諸説あり、私にはまだ詳細等が解りませんが、この当時学生だった中国人の方の作文から、平和への願いが強く感じ取れました。

それに引き換え、米国から「米国の為に中国と早く戦争しろ!」と言われてる安倍は、なんて情けなく恥知らずな事でしょうか。

中国が100%良くて、米国が100%悪いという訳ではありませんが、
中国船が~領海付近を航行と、恰も危険な行動を取ってるかの如く、毎日のように大袈裟に騒ぎ立てるのも、安保戦争法案を少しでもスムーズにさせるため、海自やマスコミを使い煽っていたのは自明。バレバレです。
安倍は取り合えず軍服を来て、今紛争が起きている国に行き、実戦体験してみて下さい。
生きて帰れたら是非体験談を。
もう適当で、意味不明な能書きは不要。
安保法案に「平和」と嘘を付け足すのもやめて。その愚策騙しも見破られてますよ。
情けなくて涙
2015年07月22日 17:37
Mさん本当のことを語って下さい。公明党は、安保法制に賛成しているのですよ。それがなぜ平和の党ですか。どこに歯止めがかかっているのですか。アメリカの予算の中に日本の安保法制が組み込まれている事実をどう考えて公明党応援勝手連何ですか。何度も森田さんの講演を聞いたものとして、あまりに情けなくて涙が出てきます。


アメリカの予算に、日本の自衛隊が組み込まれている。安倍がオバマと約束してきたのだろう。日本の立憲主義無視であり、日本の独立そのものを犯すものだ。安保法制の真の狙いはここにある。日本は、ハワイ州の次の州だ。「安倍首相に鉄槌を下さなければいけない時期にきている」「集団的自衛権前提でアメリカが2016年度予算を設定」(益川敏英京大名誉教授)
安保法制はだれのため
2015年07月23日 09:35
アメリカの2016年度国防予算が日本の安保法制(集団的自衛権)を前提に組まれていることが判明しました。アメリカの地元紙は「日本で議論や投票が行われているが、既にアメリカは成立前提で予算を設定した」と報じており、陸軍で4万人の兵士を削減するなどの案も決まっているようです。

具体的にはアメリカ軍の海外活動を縮小し、軍事力は海軍と空軍だけに集中。その減った部分は日本の自衛隊を派遣して、補填するという内容になっています。この計画は来年以降から拡大する方針で、安保法制の審議については「野党がいかに激しく反発しても関係なく、与党は法案を可決するために十分な議席を持っています」という旨の記述もありました。

この記事へのトラックバック