明日6・21(日) 沖縄意見広告 報告集会

画像




















明日の日曜日、午後1時(開場)から日本教育会館第一会議室
(東京都千代田区一ツ橋2ー6ー2) で
第6期 沖縄意見広告 報告集会が開催されます。

「辺野古新基地」建設を阻止しようとする地元沖縄県民の行動は、
民主主義社会である日本国民の当然の権利なのです。

辺野古の地元、名護市の現稲嶺進市長は、
新基地建設反対を公約して当選しました。

カネで釣ろうとした新基地建設推進派の自民党候補を、
以前より、多くの票差をつけ見事に勝利したのです。

また翁長知事も新基地建設反対を訴えてオール沖縄として闘って、
新基地推進派の前知事の仲井眞氏を
ダブルスコアで破ったのであります。

このように民意が既に明らかな状況となりました。

すると安倍政権は沖縄県民の民意を無視する暴挙に出ました。

その瞬間に国民の付託を受けたはずの安倍首相が豹変したのです。

公約なんて大したことではない!・・・と言い放った、
K首相もいましたが安倍政権もまったく同じことをしているのです。

政権側の候補が負けたにもかかわらず、
負けを認める潔さもなく、
日本の安全保障環境が変わったという屁理屈で
軍事力増強を狙っているのです。

その方が儲かる会社があるのです。

そう兵器を作っている会社です。

だから隣国に喧嘩を売るような言葉を吐いて強弁出来るのです。

ただし、これは首相がやることではありません。

首相はあくまでも平和を求め、戦争だけは絶対にやらない、
させないという強い意思を持たねばならないのです。

自らの感情をコントロールできない人は、
首相になるべきではありません。

沖縄の民意を踏みにじるな!
・・・という強い意思を安倍政権には感じ取る力がないのでしょうか?

いったい誰のシナリオで政治が行われているのでしょうか?

民意が政治に反映して行かない現状では、
民主主義は死んだも同然です。

自ら勝ち取った民主主義ではなくとも、
民主主義を超えた政治システムは現在ないのです。

ですから、なんとしても辺野古新基地問題から眼が離せないのです。

チラシを添付しました。

ご関心のある方は、お出かけ下さい。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

沖縄の痛みは日本人全ての痛み。
2015年06月22日 16:44
譬えが悪いが『小指の痛みは全身の痛みになる』沖縄の痛みは実は日本人全ての痛みだ。沖縄を見捨てることは、自らの在り方そのものが問われているのだ。水俣の悲しみは、日本人全ての悲しみであり、祈りだ。カネミ油症の患者の苦しみは日本の金儲け主義の歪だ。

この記事へのトラックバック