未来を明るくするもしないも、今です!




今日は雨降り。
11日から春の交通安全週間が始まっていた。

そのせいか交差点で信号機が変わる度に警察官の笛の音を聞いた。

自動車の運転手も自転車の人も、歩行者も誰でも
交通ルールは、みな知っているはずである。

小学校では既に交通ルールを教えているし、
左右を確かめずに道路に飛び出して、
ヒヤッとした経験がある筈です。

車の運転には免許証が必要だし、
自転車を買う時には、大方ルールは教えてもらっている。
そして歩行者も道路上の危険なことは承知している。

しかし、まだ経験の少ない子どもたちには、
遊びに夢中になっているときなど道路に不意に飛び出し、
事故に遭うことが有るので、都度の注意は必要でしょう。

勿論、高齢者の方も子どもと同じ扱ってよいと思います。

それでも今日、交差点で見たものは、
雨の中、傘をさした自転車の若者が、
警察官に止められ何か取り調べを受けていたのです。

朝から雨の中、お巡りさん ご苦労さんと思いつつ、
なぜ、このような些細なことまで口うるさいの?・・・と、
非難の一つもしたくなりました。

誰でも日常使っている道路なのです。
傘をさして自転車を走らせることが大変なことは、
本人が一番知っていることです。

ですから、今後気を付けましょう!
・・・と声をかけてやることで済ませないものでしょうか?

呼び止められて、時間を取られて、
嫌な思いをするよりも危ない時には、
ぐっとこらえて、安全な方法で行きましょう!・・・と、
アドバイスしてくれれば、
その方も気づいてくれるに違いないのです。

良いお巡りさんに遭ったことが、一つのきっかけになり、
交通ルールが大事なこと、ちょっとした自分のミスで
他人に迷惑がかかることを自覚されると思うのです。

それを法で縛り、少しの違反も許さないという、
取り締まりでは、
さらに危険な側に追い込んでいくことにもなるのではないでしょうか?

“過ぎたるは及ばざるが如き” なのです。

よく一時停止線で止まらなかったことで、
白バイが急にサイレンを鳴らして追いかけ、その音にびっくりして、
猛スピードで逃げた(?)挙句、
他の場所で大事故を起こしたという事件が時々報道されます。

交通取締りの厳格さが却って、事故を誘発してしまう例です。
取締りの仕事を真面目にするのは良いのかもしれませんが、
それでも遣り過ぎはいただけません。

人間はルーズなものだと思います。
機械ではないのですから、忘れることもあります。
そういう可愛い存在だと思ってもいいのではないでしょうか?

此れよりも、安倍首相の進める政策の方が、
よほど危険なことではないでしょうか?

一番守らねばならない憲法を蔑ろにしているのです。
我が国民を危険な土俵に晒そうとしているのですから。

このような政治こそ、ストップでしょう!

勿論、交通ルールを守ることは必要ですが、
自転車の運転よりも危険なことが現実に迫っているのです。


“日米開戦の正体” に孫崎享さんが書いています。

いつまでも騙され続ける国民でいいのでしょうか?

集団的自衛権やTPP、原発などで安倍政権が、
行おうとしている方針は下記の通りだというのです。

(P31-P32)
①指導者が嘘や詭弁の説明をする
②この嘘や詭弁で、本来は国民が望まない方向に政策を誘導する
③マスコミが調べれば嘘や詭弁であることが解るのにそれを検証せず、
  嘘、詭弁の拡散に努める
④国民はこの嘘や詭弁を信じ(信じるふりをし)政策を容認する

この事実があるにも拘わらず、なぜ阻止できないのか?
それに対する答えとして、
元駐日アメリカ大使のライシャワーの説を紹介しています。

(P40)
日本人は
「権威に弱い国民」
「全体主義の無差別奴隷社会」というものです。

このような国民性を返上しなければ、
いつまでも奴隷国家から抜け出せません・・・。

日本の未来を明るくするもしないも、今です!









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

こころ
2015年05月16日 12:54
安倍の宣いはそもそも憲法違反です。中味はアメリカのシナリオ。

日本の国会議員は安倍1人のような日本の現状、それもこれもアメリカが元凶。全てアメリカのシナリオにより、安倍はカンニングペーパー通りに動くペット。
アメリカ御用達で大不正選挙で無理矢理選ばれてしまった。
並みの不正ではない事にも国民は気付いて欲しいものです。

投票用紙を紛失したという選管、持ち帰ってしまった、1票の格差、替え玉投票、投票用紙が届かなかった、投票時間を繰り上げた、1人が重複投票、同一筆跡が多数発覚、投票所が変わってた等々も大いに問題ですが、そんな並みの不祥事や並みの事ではなく、大々的に操作された選挙で大罪だということ。
それにより、アメリカに都合の良いものを総理にしアメリカに都合の良い政治に成り下がり。

期日前投票は一番操作しやすいです。都合で投票に行けない人や投票率を上げるためなのかも知れませんが、それが反って仇になっているのでは?とも思います。
何故なら如何様にも操作しやすいからです。特に現政権下では。

国の行く末を決めると言っても過言ではない統一選挙なら尚更、投票日は一日だけとせず、連続で数日は儲ける必要もありかと思います。
それに代わる仕組みを考えて欲しいものですが、現政権下では当然やらないでしょう。

何故、一度総理の座を無責任と宙ぶらりんでぶん投げた総理が再度誕生したか?ここが一番の問題。
集計マシンは安倍株主。
世論調査データ会社は麻生。

日本のメディアの世論調査と、ロイターの世論調査とでは全く違う結果が出てましたが、ロイターの調査が、より民意を反映した数字だったと思っています。
ロイター調査から、2012年の選挙では小沢氏率いる未来の党が勝っていたと思うと、今の現実は悔やまれ、悪夢のみです。
国民の覚醒必須。

この記事へのトラックバック