モラルのない日本のマスコミ人




マスコミ人と議会人の劣化は、どこから始まったのか?

主権者国民は、絵に描いた餅となって一向に実現されない。
国民の代表者自ら、憲法無視した政治を行っている。

本当に許しがたいことが続いている。

「兵頭に訊こう」ブログの記事に参考になる記事があった。

「アメリカが憲法なのだ」という「アメリカ例外主義」
http://m-hyodo.com/usa-43/
である。

この流れに忠実に従って行く政治は止めなければ、
本当に日本は日本で無くなってしまうのではあるまいか?

ちなみにGHQの[3R=基本原則]とは、次の3つである。

1 復讐(Revenge)
(米軍による、70年近くにわたる占領継続と、TPPによる日本植民地化の達成)

2 改組(Reform)
(CIA、戦略国際問題研究所(CSIS)、「対日改革要望書」、「日米経済調和対話」、
ジャパン・ハンドラーズ、ヘリテージ財団などの指示による、絶えざる日本国の破壊と  
改組。米国益のための政策実施。TPP参加によって、これが完成する)

3 復活(Revive)
(集団的自衛権・改憲などによる、戦争をする国の復活。ただし、米国の傭兵として、
である)



さらに今日のNさんからのメールには、
モラルのない日本のマスコミ人と首相のことが紹介されている。

このまま放置しておくのは、国家の自殺行為に思えてならない。

「英国BBCの社員は政治家の記者会見に出されるコーヒーさえ飲まない」。
ましてや会食すれば役員でさえ退職させられる。

欧州で「日本のメディアの意識は、世界で最低レベル・・」と。
日本のマスコミ関係者のモラルの低さにあきれられている。

政治家とメディアの距離感はやはり大事です。
日本の常識は、飲み食いすることが当たり前と思っている。

世界に通用する常識ではない。
国会中継を見ると、ヤジが飛び交う。

伊吹衆議院議長は「いい機会だから幹事長に頼んでおく。
党を代表して委員会や本会議に出る人は品格をもってやってもらいたい。」
と語ったほどだ。

総理大臣まで「日教組」とヤジを飛ばす。
共産党の志位和夫委員長が衆院本会議で代表質問、
議場から「テロ政党」とのやじが飛んだ。

日本の議員及び総理大臣の知的レベルは最低だ。
「ヤジは議会の華な」ど嘯いている議員もいる。

自らの姿勢を正そうという気がまるでない。
オバマ米大統領の議会演説に、
「嘘つき」とヤジを飛ばした共和党のウィルソン下院議員に対し、
下院は譴責決議を行った。

ウィルソン議員は声明で、
「感情的になってしまった。演説内容には反対だが、
わたしの発言は不適切で遺憾なものだった。
礼節を欠いたことに対し、大統領に謝罪する」 と述べた。













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック