10・9(木) 憲法を学ぶ会 IN さいたま市 (埼玉弁護士会)




南風(みなみかぜ)カルチャー特別教室
~埼玉弁護士会による、第2回「憲法出前講座」


日本国憲法を一緒に学びませんか!

と題して、

10月9日(木)午後2時~4時まで、
さいたま市内のカフェギャラリー南風・蔵の家
http://gallery-minakaze.sakura.ne.jp/ 
で日本国憲法を学ぶ会がある。

埼玉弁護士会による、第2回「憲法出前講座」である。

弁護士会というと一般市民にとって、敷居が高くて、
怖い存在だという意識があるかもしれない。

しかし是までの常識は、まったく中らないといっていい。

憲法並びに法律を熟知した専門家が揃っているところが弁護士会である。
しかも丁寧に教えてくれる。

弁護士会は都道府県に其々、○○弁護士会として存在します。
しかも街の弁護士さんは必ず、何処かの弁護士会に所属しています。

この度は、法律の専門家が出張して、講義してくれます。

従来の政権は憲法9条があるため、
集団的自衛権行使は出来ないと判断してきたのですが、
この先人の積み重ねた歴史を捨て去って、安倍政権は、
本年7月1日の臨時閣議で集団的自衛権行使容認を決定しました。

国民の意思を決める最高議決機関の国会を無視した暴挙です。

そして、その実現のため法律改正に突き進んでいます。

このように権力が暴走している現在、
法律のプロである弁護士さんの講義を是非、お聴きください。

日本国憲法は神棚や書棚に飾って置くものではありません。
実践する以外に主権者国民の政治は叶いません。

国民主権を実現するのは国民一人一人の行動にかかっています。
また憲法は権力を持つ者、政治家や公務員を監視するものなのです。

さらに憲法を実際に機能させるのは、
国民であり、街の弁護士さんたちなのです。

暴走する権力を止める議員が居ないように見える現在、
弁護士さんたちと共に手を携え権力の暴走にSTOPをかけねば、
手遅れになってしまうかもしれません?

このように恐怖心を抱くのは当然のことです。

このような人たちこそ、出張講座でしっかりと憲法を学んで、
自己防衛をしなければなりません。


憲法出前講座の詳細はチラシを参照願います。

(チラシ)
画像









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック