8・8(金) 第11回さよなら原発東松山パレード




脱原発・埼玉ブログから、
http://datugenpatusaitama.blog.fc2.com/
行事予定の転載です。




7月16日(水)
「さようなら原発署名活動」
時 間:18~19時
場 所:朝霞駅南口 
主 催:さようなら原発4市連絡会
その他:お手伝い大歓迎


7月17日(木)
上映会「原発の町を追われて」「真実はどこに?」
会場: 新所沢公民館 4室(地図)
時間: 9時半~「原発の町を追われて-避難民・双葉町の記録-」
           (正編2012年56分 続編2013年26分)
11 時10分~「真実はどこに?」(2004年50分)
資料代:200円
主 催: 所沢・教育と福祉を問い直す会
問 合: toinaosukai@hotmail.com


7月18日(金)
「さよなら原発in越谷」集会&デモ
集合:越谷市役所 東側 中土手
集会:18時から
デモ:19時出発
毎月第3金曜日
主催:さようなら原発越谷連絡会
http://sayonarakoshi.jimdo.com/


7月20日(日)
「シェーナウの想い」
〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜
上映会と大芝健太郎現地報告会
時間:13時30分~
会場:東松山市・高坂丘陵市民活動センター2階視聴覚ホール
(東松山市松風台8-2)
(東武東上線高坂駅西口徒歩20分、
または東京電大行きバスで「虹の橋」か「白山台郵便局前」下車1分)
駐車場あり
※上映協力費100円
主催:脱原発を求めたヴァッカースドルフ村の闘いを見る会

印・タラプール原発を描いた映画「ハイ・パワー:大いなる力」
上映会&インドゥルカー監督講演会
時間:18:30開場
    18:40上映(27分)
※上映後は インドのボンベイ出身の
  プラディープ・インドゥルカー監督の講演会
    21:00終了予定
会場:ほっとプラザ4階多目的室
    (東武東上線志木駅直結)
映画HP:http://badseaweed.wordpress.com/category/movie/
主催:子ども達の心の音実行委員会


7月26日(土)
 「ともに学ぼう、考えよう!
埼玉で自然エネルギーを広げるために、私たちのできること」 
時間:14時~
会場:コーププラザ浦和(南浦和駅西口徒歩8分)
主催:NPO埼玉自然エネルギー協会


7月28日(月)
「さようなら原発署名活動」
時 間:18~19時
場 所:和光市駅南口 
主 催:さようなら原発4市連絡会
その他:お手伝い大歓迎


8月2日(土)
「さようなら原発川越パレード」
集 合:15時・川越駅東口・緑地公園
    (川越市駅よりの踏切脇)    
出 発:15時半
主 催:さようなら原発川越の会
http://blogs.yahoo.co.jp/sayonara_nukeskawagoe
その他:
メッセージを書いたプラカードや風船・のぼり等、
音の鳴るもの、楽器など。もちろん手ぶらでもOKです。
団体名の入っているものや、主旨にそぐわない幟旗プラカード、
チラシの配布また宗教団体の機関紙配布等はお断り致します。
次に繋げる為にも、法令遵守をお願いします。


8月8日(金)

「第11回さよなら原発東松山パレード」
時間:18時集合
場所:東松山箭弓町第一公園(地図)
パレードのコースはいつもと同じ(1時間弱)
パレード終了後、懇親会(反省会)を行います
共催:さよなら原発東松山の会
 http://sayonara-matu.jimdo.com/
 https://www.facebook.com/nonukesmatsuyama


8月9日(土)
「原発さよならパレードin朝霞」
時間:13時
場所:朝霞市役所 噴水広場
主催:実行委員会


8月14日(木)
上映会「逃げ遅れる人々」「チェルノブイリ 28 年目の子どもたち」
会 場: 新所沢公民館 3室(地図)
時 間:9時半~「 逃げ遅れる人々」(2012年74分)
     11 時~「チェルノブイリ28年目の子どもたち」(2014年・43分)
資料代:200円
主 催: 所沢・教育と福祉を問い直す会
問合せ:toinaosukai@hotmail.com


8月15日(金)
「さよなら原発in越谷」集会&デモ
集合:越谷市役所 東側 中土手
集会:18時から
デモ:19時出発
毎月第3金曜日
主催:さようなら原発越谷連絡会
http://sayonarakoshi.jimdo.com/


9月7日(日)
上映会「原発の町を追われて」(正・続)
時間:14時~
会場:藤久保公民館 1Fホール(地図)
    (東武東上線鶴瀬駅西口徒歩15分)
主催:三芳九条の会
入場無料(カンパ歓迎)
※上映後、制作者のお話を伺い、懇談をします。


なお、連絡先は脱原発・埼玉ブログをご参照願います。
また予定が変わる場合もありますので出かける前には、
必ず同ブログをご確認ください。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

こころ
2014年07月13日 10:59
個人的には、当初のレベル7に引き上げた経緯を報道から時系列で見ていて、何か元々あるシナリオで報道しているようで違和感を覚えました。
ですが、出量云々、レベル7に懐疑的とは言え漏れた事には変わりなく当然原発は反対です。(54基が電力供給というより、別の意味でも設置されていた事も判明してますし、1基に対する1日の管理・維持費が膨大である事も判明、その他…)

あべの人選は毎度自己の御都合主義ですが、やはりこの田中氏も呆れます。
以前から規制委員は、ヤル気なさからも規制委員ではなく、実態は推進委員と思っていましたが、やはり。

原発関連2社から報酬=次の規制委員、田中教授―今年6月まで

07/12 04:58 時事通信社

原子力規制委員会の次期委員となる田中知東京大大学院教授が、原発の使用済み核燃料の再処理工場などを運営する日本原燃(青森県六ケ所村)と高速増殖炉の開発を手掛ける三菱FBRシステムズ (東京都渋谷区)から報酬を得ていたことが12日、両社への取材で分かった。

両社は規制委の規制対象で、報酬の支払いはそれぞれ今年3月と6月まで続いていた。

日本原燃によると、田中氏は2009年5月から今年3月まで、同社の「ガラス固化技術研究評価委員会」の委員長を務め、報酬を得ていた。ガラス固化は使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物をガラスと混ぜて固め、保管しやすくする技術で、田中氏は同社に助言していたという。

また三菱FBR社によると、田中氏は07年 7月から同社の事業に年2回ほど助言する「アドバイザリーコミッティー」の委員として謝礼を受け取っていた。今年6月、規制委員となることが決まった後に辞任した。
http://smph.thenews.ne.jp/detail/562006/?m=gate_newslist
通りがけ
2014年07月15日 06:20
「総務省押し売り詐欺犯罪者NHKの受信料収入概算と官公庁テレビ設置汚職」

まーテレビはざっと1億台くらいは国内にありますねw
1台年間6万円徴収すれば6兆円。まあ実際に徴収しているのが15%くらいとしても約1兆円の受信料収入があるわけです。官公庁施設の受信料は税金で支払うから、一般視聴者国民のあずかり知らぬところで官公庁テレビ一台ずつもれなく摂りはぐれなく徴収できるから、これくらいの数字はあるでしょう。

しかし、テレビは公務員の公務遂行にとってまったく不必要な遊興設備ですから、公金で運営される官公庁が税金を一円でもテレビ関連の支出に回せば直ちに公務員の公金窃盗乱用という刑事犯罪を構成します。

日本国公務員全員に告ぐ。
続きはさゆふらっとまうんどのHP
「もし今911自作自演テロが起きたら、自衛隊はイラクに武力行使するようです。しかも経済への影響を理由に武力行使する解釈拡大」
http://sayuflatmound.com/?p=2278#comment-13925
続きは
「坂本龍一氏は何度も福島を訪問していた」
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/303.html#c28

この記事へのトラックバック