高橋敏男のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民の生活が第一

<<   作成日時 : 2014/06/09 17:25   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1



久しく聞かれなくなった、
国民の生活が第一

この当たり前の事実を国民が忘れているのではあるまいか?
当たり前だから、言葉に出さなくてよい訳ではない。

声に出さねば、消費税増税で苦しんでいることも、
一部大企業の景気が良いという言葉に押されて、
無視されてしまうのが落ちだ。

実体は景気が良いはずはない。
国民を苦しめる政策が立て続けに実行されていて、
良くなるはずがないではないか?

自民党一党の政権に任せて、戦後60数年も過ぎたことが、
国民を政治から遠ざけたことは間違いない。

それに2009年の政権交代後に民主党政権が生意気な素人が、
権力の使い方を知らずに、官僚を使いこなせず、自爆したことが、
権力を一巡りさせて、元の木阿弥に回帰させてしまった。

こうして、どこにも頼れないと自暴自棄に陥った国民が増えた。
これらが、総てシナリオ通りに行われたことだと気づいてもらいたい。

国政選挙で選ばれた国会議員が、
国民の声を聞かない、聞けない状況になっている。
このままだと確かに日本は、未だ民主主義国家ではない。

このような政治状況を憂えて、タイムリーに詳細な裏付けをもち、
ブログで警告を発信し続ける植草一秀さんの『知られざる真実』、

此処には、今日も政界再編の条件は、
悪徳10人衆は民主党を離党せよ!・・・とズバリ指摘している。
私もまったく同感である。

この10人は政権交代を潰した張本人だと思うからである。
鳩山由紀夫首相が普天間基地廃止と辺野古新基地は、
海外、少なくとも県外と主張したことの何処が悪いのか?

真の独立を目指す日本の何処が悪いのか?・・・を、
議論せずに、米国隷従のままの既得権益層と、
さらに軍産複合体に連なる大企業をバックとして、
鳩山首相の意向に逆らい、首相を孤立させてしまった。

そして鳩山由紀夫−小沢一郎ラインを潰し、
菅が首相に就き、有権者を裏切り、
さらにその後を受けた野田政権も民意を裏切った。
つまり第二自民党と言われる政権に堕してしまったのだ。


この間に尖閣諸島の購入問題発言が石原都知事の口から、
突然飛び出したことはご承知の通りである。


これは米国のヘリテージ財団での記者会見での発言であり、
明らかに野田政権を潰す目的だった。
自民党安倍総裁が誕生して、野田はさらに追い詰められた。

これらは財務省が仕掛けたものだとおもうが、
野田首相が、焦って国有化したことで中国との関係を悪化させ、
自爆解散をせざるを得なくなったのだと思う。

これも日中双方が尖閣は棚上げ合意していたことを、
反故にして突如、棚上げ合意はなかった明言した、
当時の前原国交大臣の無責任な裏切りが元ではないか。

この合意を無視した態度は必ず、相手国の非難の的になる。
それを承知で紛争を招こうとしたことは、
必ず、底通した者が存在すると見なければならない。

このように民主党政権は、見事に有権者の期待を裏切ったのだ。
こんなデタラメな政治家たちによって、
消費税増税とTPP参加意思表示が確認された。

こういう流れを国民は忘れてはならない。
そのためには、繰り返しブログ発信をしてくれる
植草一秀さんの『知られざる真実』の記事、

民主悪徳10人衆は民主党を自主離党すべきだ
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/10-7e7d.html

は、大変分かり易いので非常に有り難い。

さらに、日本一新の会(多摩出張所)のブログは、
日本国が民主主義国となっていない現状が、
敗戦処理が出来ていないからだと、詳らかにしている。

CIAのエイジェントとして、首相になった岸信介、
これでは敗戦処理が出来っこない。
そのシワ寄せがいまだに続いていると指摘する。

その孫が安倍晋三であり、何か勘違いも甚だしい政治を展開中である。
それに真面な批判も意見も出ない国会が機能不全状態である。
いつの間にか戦前回帰となり、世界の孤児になっていくのだろうか?
そんなことは、まっぴら御免である。

<田吾作の声> 何故、アジアにD―DAYはないのか
 
http://nipponissintama.blog.fc2.com/blog-entry-369.html

さらに、本澤二郎氏の記事は、
集団的自衛権行使容認を何としても止めよう!

<日本人の最優先事項、それは「死の商人」の指令で動く安倍狂気を止めることだ>
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52072583.html

財閥、大企業のバックが安倍を動かしていると本澤氏は、
ズバリ指摘する。

これらの企業は兵器も作っている財閥である。

そこで公明党、創価学会の平和の党だけではなく、
全国民がストップをかける緊急事態になっていると檄を飛ばす。

この緊迫している現実に目覚めなくては、
きっと手遅れとなるに違いない・・・。
そんな危機的状況に今の日本が追い詰められているのである。

他人任せ、政治家任せできた付けが、露わになっているのだ。

そこで今朝は、某組合支部の代表氏名と、
印鑑変更届に出かけた際に某職員に耳打ちした。
まず、何新聞を取っていますか?・・・と訊くと、読売ですという。

トンデモナイ新聞を取っているものですね。
CIAのエイジェントの正力松太郎が関係した新聞社ですね。
日本テレビもくだらない番組作りに勤しんでいるのがわかるでしょう。

国民洗脳番組で国民を愚弄しているのだから・・・と、
そして日刊ゲンダイと東京新聞がよいと伝えた。

そして6・19に憲政記念館で行われるシンポジウムの件も伝えた。

全国縦断シンポジウム・第一回(東京)
これでいいのか日本! 

http://nipponissin1.blog136.fc2.com/blog-entry-350.html

是非、参加して、日本政治の危機を実感してほしいと・・・。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ラジオあさいちばん「ビジネス展望」4月11日(金)放送分経済アナリスト森永卓郎さん(もりなが・たくろう)日本経済の『粉飾決算』
http://www.nhk.or.jp/r-asa/podcast/bmp304/140411.mp3
ネーム
2014/06/09 20:16

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入りLINKS(1)

国民の生活が第一 高橋敏男のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる