小泉元首相は何を目論む!? 




“政治家と利権” これは古今東西付いて回るもの?

そんな疑いの目を持たず、政治家を信じ込んでしまうと、

また騙された!・・・ということになる。


特にテレビ報道が持ち上げる政治家は、

悉く国民を裏切ることを何とも思っていないようである。


小泉純一郎首相の郵政民営化に、

すっかり騙されたことは、既に経験済みのことだと思うが、

郵政関係者以外の直接的な被害を感じない国民には、

まだ民営化は正しかった!・・・と考える人もいるかもしれない。


しかし、郵便局に行けば、

不便になったと感じる人のほうが遥かに多いはず。

その小泉政権当時に福島原発の安全装置が、

外されていたと言うから驚きである。


原口一博氏が現役時代に語っている動画がある。

公平・公正な政治を目指したい私たちの願いは、

マスコミが持ち上げる政治家に期待しても叶わない。


むしろ国民を騙すために使うピエロだと疑ってみなければならない。

ピエロだから、お客様に受けるような言葉を吐き、

スポンサーの利益のために尽くす・・・。


この持ちつ持たれつの繋がりで、

政治が一部の者たち(政・官・財・外・電)に握られている。


このような利権を作らせず、

利益は、総ての国民に使うことが民主主義の目的である。

そうするには、マスコミが持ち上げる政治家を疑うことである。

まだ眠っている国民を、一日も早く目を覚まさねばならない。


自民党員の多くの農家の人たちの中には、

何度騙されても自民党しか頼れないという気持ちのお人好しが多い。

骨の髄までしゃぶられた人たちではないかと気の毒でならない。


そんな日本社会となっているけれども、

それを少しずつ変えることが必要である。

それにはマスコミ報道ばかりではなく、

偶にはネット動画も観てもらいたいと思うのである。


小泉純一郎元首相は何を目論んでいるのか?

これは、ただ事ではない・・・。


要注意!似非反原発の小泉純一郎
http://blog.goo.ne.jp/oribeizum/e/fdbb60f4b37b9959c5d92b7cd2757449






この記事へのコメント

こころ
2013年10月25日 11:36
神州の泉blogよりです。
少し長くなりますが、御容赦ください。

小泉政権以降の新自由主義政策は、ほとんどが騙しのイメージ・ロンダリングを駆使!!
2013/10/25 1:09:31

今、喫緊に各界で問題視されている 危険な法案は、特定秘密保護法案 (秘密保全法)である。 安倍晋三首相は2013年9月17日の閣議で、安全保障に関する機密情報を漏えいした公務員らに対し最高で10年の懲役刑を科すなどとした「秘密保全法案」を担当する大臣に、森雅子少子化担当相を指名した。 森雅子氏と言えば女性活力・子育て支援等を多方面から見る少子化担当大臣である。 子づくり奨励政策の担当大臣が、な ぜ急に“秘密保全法”の担当大臣と の兼務(?)を任命されたのだろう か。 実は森雅子少子化担当相に秘密保全法担当相を兼務させたのは、グロー バル資本に魂を売り渡した安倍政権が常套手段とするイメージ・ロンダリングではないのだろうか。 神州の泉が勝手に決めた定義によれ ば、政治世界におけるイメージ・ロ ンダリングとは、本質が国民に大打 撃を与える政策や法案を、いかにも 国民のためになるかのように偽装を 施す手法のことである。 それに
ついてはこの後で説明したい。
ウィキペディアを見ると、「ロンダ リング」のlaunderはCoin launderette(コイン・ランド リー)などの洗濯する事を意味する とあるから、マネー・ロンダリング は「資金洗浄」ということになる。 洗浄とは言っても、洗剤でお札をご しごし洗うわけではなく、一般的に は犯罪資金や違法資金を合法的な会 社を経由することによって、見かけ 上は合法的な資金になるように変換 することである。

こころ
2013年10月25日 11:42
2/4)何というか、違法な金を合法的 な“ブラックボックス”を通過させ ることによって違法性をはぎ取ると いうイメージであろうか。 具体的には、麻薬取引、銀行強盗、 脱税、横領など、非合法な行為で得 た資金、賄賂、テロ資金などを、口 座から口座へと転々と移動させ、資金の出所や受益者が誰であるかをわからなくする行為のこと。口座を転々とするうち、不正資金が正当な資金のように洗濯(ロンダリング)されてしまうことから、資金 洗浄(マネー・ロンダリング)と呼ばれる。 この世には、われわれが想像する以上に裏金や闇資金が跳梁跋扈している。 表の経済があるように裏の経済があ り、日の当たらない地下経済には膨 大なアングラマネーが行き交ってい る。 近年、タックスヘイブン(租税回避地)やシャドーバンキング(影の銀 行)などの言葉が頻繁に出てきているが、これらにはアングラマネーが 深く関わっている。 よく分からないが、裏金や闇資金で も、延々と暗い地下で還流しているわけではなく、お金である以上は最終的に表の世界に出て、普通の消費活動に使われることになる。 だからこそのマネー・ロンダリングである。 となれば、闇資金が地下と表を自由に行き来できるスターゲート(?)のような流通門がどこかにできていることになる。 この流通門が「マネー・ロンダリン グ・ルート(資金洗浄経路)」であ る。 汚れたお金を流れ作業工程できれいにする洗浄ファクトリーである。 今述べたマネー・ロンダリングは分かりやすいし、誰でも知っていることだが、この世にはマネー(お金)以外でも、ありとあらゆることがロンダリング(洗濯)され、国民の目をごまかす詐術として罷(まか)り通っている。
こころ
2013年10月25日 11:52
3/4)卑近な例で言えば、今述べたマ ネー・ロンダリングのほか、学歴ロ ンダリング、流通商品の産地偽装 (生産地ロンダリング)等、いろいろなものがある。 産地偽装などは、日々口に入る食品 に直結しているので、感覚的に分か りやすい。 小泉政権時代は耐震強度偽装事件や 産地偽装食品等の偽装問題がクロー ズアップされた。 今日10月24日の日付で最も新し いロンダリング問題は、米(こめ) ロンダリング、つまりはお米の産地 偽装事件である。 三重県四日市市の「三瀧商事」を舞 台にした過去最大規模のコメの産地 偽装事件が発覚し、三重県警が日本 農林規格(JAS)法違反などの容 疑で同社などを家宅捜索、刑事事件 に発展しているそうだ。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131024/crm13102417200016-n1.htm 食品の産地偽装を英語で何というの か知らないが、普通、常識的に考え られることは、流通や小売関係者が 食品のパッケージに嘘の産地を記し たラベルを張ることが典型的な偽装 として知られる。 もう一つは、例えば米(こめ)なら ば、ラベルに刻印された生産地米が 10%、残りの90%が他の地域の ものである場合、厳密に言えば偽装 表示には当たらないかもしれない が、ほとんどは別の生産地のもので あるから、これなどはロンダリング に近い概念であろう。 つまり、ロンダリングとは、嘘や悪 を真や善に思わせるイメージの置き 換えであり、言わば詐欺、騙しの類 である。 全国、どこの小売店に行っても銘柄 米が多く出回っていることを考える と、そんなに大量にその生産地の米 が出回るはずがないと思ってしま う。 ということは、米(こめ)ロンダリ ングは常態的に行われているという ことなのだろうか。
こころ
2013年10月25日 12:11
4/4さて、以上述べたことは具体的な騙しロンダリングのほんの一端に触れてみたのだが、実は政治の世界でもこのロンダリングは当たり前のように行われている。 ダーティなイメージをクリーンなイメージに置き換えるということを、本記事で今扱っている「騙しのロンダリング」と定義するなら、昔から 政治の世界ではごく当たり前のようにこれが行われてきている。
だが、これは小泉政権以降に国策の 性格がガラッと新自由主義(フリー ドマン主義)に変えられてから、と くに顕著になってきているのだ。

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/
以上です。

小泉元総理のパフォーマンスに騙されていた愚かな一人でした。(不運にも金融資本が仕掛けた、311大震災がきっかけで、遅かりしですが。)
原発反対を突如言い出したのは、逆に小泉らしいです。世間ウケが好きな方のようですから。
しかし本音は原発賛成、再稼働賛成と顔に書いてあります。裏にドロドロと絡んだ思惑があっての事だと思います。
安倍のAチームと相対するふりする小泉の茶番劇。
もう何を言っても騙されないぞ!です。
総理等(小泉、菅、野田、安倍、他にも。それを裁く裁判所まで)が犯罪者って恐い。(怒)
超長文になってしまい失礼しました。

この記事へのトラックバック