鼎談 鳩山由紀夫・孫崎享・植草一秀

元首相の鳩山由紀夫さんが改名していた。


昨日、紀伊国屋サザンシアターで開催された、

「対米従属」という宿痾の出版記念トークイベント会場で初めて知った。

改名、それはそれで良いことである。


元首相が、イランを訪問した、中国を訪問して、

誰と会い、何を言ったとか、マスコミ報道の記事ばかりを見ると、

国益を毀損していると騒いでいる。

そんなに元首相の一挙手一投足が気になるのか?

このように騒ぐ必要もないことに騒いでいる日本は、

普通の感覚の人間であれば、何かがおかしいとわかる。


昨日のトークイベントは、

鳩山友紀夫さん、孫崎享さん、植草一秀さんの三人で行われた。

注目の三人のスピーチを聴きながら、

何故、今の日本は米国一辺倒の流れしか、

正しい道はないとでも言いたいのだろうか?


或いは、近隣諸国と共同体で平和を構築することが、

それほど日本にとって、都合が悪いとでも言いたいのだろうか?

お話を聴く限り、この三人の発言は間違ってはいない。


しかし、今の日本では何故か、

このように正論を述べる知識人は、

確実に既得権益層から狙われるのだ。


そのため三人とも人物破壊を受けた経験を持っている。

人物破壊と言えば、小沢一郎氏という印象が強いが、

この三人も間違いなく、既得権層にとっては、邪魔な存在であり、

何とか静かにさせたいのであろう。


そのために何を発言しても一部を切り取って叩くのである。

このように今、メディアは権力に媚びた偏向報道しかしない。

メディアこそ、既得権益層の先兵である証拠であろう。


そして騒ぐだけ騒ぎ、収集することはしない。

メディアには反省という文字がないのだろう・・・。


(鳩山友紀夫さん)
画像















(植草一秀さん、鳩山友紀夫さん、孫崎享さん)
画像















会場で久し振りに出遭ったSさんに夕食を御馳走になった。

イベントも豪華だったし食事も旨かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック