小沢一郎代表に遭遇!?

午前中、所用で茨城方面に出かけた。

車を走らせていると、

突然に小沢一郎氏の大きな顔が映ったポスターが目に入った。

(街道で見かけたポスターのひとつ)
画像












助手席にいたので手が自由になる。

そのためポスターに出会う度に、いつの間にか拍手をしていた。


あっー、小沢さんがいる!

また、此処にも小沢さんがいた!


発見するたびに嬉しさで手を叩いて喜んだ。

その数は10枚を超えていた。


地方都市の更に、場末の街道沿いと思われる場所なのだが、

迂回路として使われている道路のようである。


そんな保守的な地域と思える場所に小沢氏が乗り込んでいる?

もちろん、ポスターだから、

本人は、まだ現場には来ていないだろう。


それでも真っ直ぐに先を観ている小沢氏の顔が、

街道を走る運転手や同乗者にきっとインパクトを与えてくれるものと思う。

茨城県内にも強力な小沢支援者がいるのだ。

こんな嬉しいことはない!


その支援者の方たちは自民党政治を経験している。

これまでやってきたことを十分に承知しているのだ。

その旧政権は国民が民主党に託した思いの実現を阻止すべく、

民主党内の反小沢グループの面々を徹底して唆した。


そして旧政権側の煽てや脅しに乗った、

民主党反小沢グループの裏切り者たちが、

自民党政権以上に酷い政権と堕してしまったことは御承知の通りだ。

その結果、どうしようもない現在の状況になったのである。


既得権益層は小沢氏が無罪確定を経て、真に復活することが恐ろしい?

今でも小沢氏の復権を阻止するために、

マスコミ報道でも「国民の生活が第一」を正当な扱いをせず、

正当な第三極であるにも拘わらず、

それを無視する報道を繰り返している始末である。


一方、ネットで、これらのことに気づいた目覚めた国民たちは、

それは百も承知で小沢氏のポスターを自ら協力して掲示している。


小沢一郎は全国行脚でポスターともども忙しいことであろう。

「国民の生活が第一」の政党名のとおり、

活き活きと生きる・・・国民の味方である政治家は、やっぱり小沢一郎であろう。

橋下でもなければ、石原でもないのだ。

それだけはくれぐれも認識してもらいたいものである。


弁解もせず、多くを語りもせず、国民の生活を第一として、

政治をやり抜こうとする小沢氏は今が真の勝負どころとなった。


現在、権力機構の官僚主導は制度疲労を起こしている。

この社会で生きている国民生活を守り抜くために、

社会の支配構造を改革しようとするのが小沢一郎である。


この小沢一郎を支援せずして、国民の生活が元気になるわけがない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

こころ
2012年11月21日 14:02
道路の緑の中の小沢さんポスターいいですね~♪
無罪会見の言葉の一つ一つが心に深く染み感動しました。
国家的(外圧も)戦略に嵌め落とされても、国民への感謝を述べる小沢さんの謙虚さ、頭の低さ。
目線は高く、凜とした志しを感じました。
このポスターのように。
投票を戸惑う方々は、各政党の政策をみて、貸借対照表を作れば解りやすいと思います。
借り方組、貸し方組等で。
その中で借り方組の国民の生活が第一は、最初から一貫した政策を掲げて脱原発に向け、実際行動もしています。
利権でもなく、口だけではない国民の生活が第一を応援します。

この記事へのトラックバック