政治家任せでは政治は良くならない!

昨日の植草一秀さんの講演会(主催:弁護士の連帯を強める埼玉の会)には、

当初予定の100人を超え、220人もの聴衆が詰めかけ大変盛り上がった。

画像















画像















植草一秀さんの『知られざる真実』ブログをお読みの方は、
http://uekusak.cocolog-nifty.com/

既にご存じの内容もあったとは思いますが、

植草氏のポイントを突いた、かつ丁寧な語りで直接聴くと、

一層現実味ある情報として届いたと思うのである。


レジュメ 「消費税問題とこの国のかたち」の第一に、

消費税増税法を白紙撤回させるべき理由として、5点を挙げている。

1.野田佳彦氏の行動は民主主義の根幹を踏みにじるもの
   「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」

2.世代間の対立を煽っての消費税増税推進派健全でない
    年金制度の世代間不公平は年金制度改革で対応すべき

3.日本政府の純債務残高はゼロであり財政危機説はねつ造
    日本は貯蓄超過・巨額の対外純資産・巨額の外貨準備を保有

4.循環的要因による財政赤字拡大に増税で対応するのは誤り
    不況下の超緊縮財政強行が日本経済を破壊してきた

5.分配格差問題を深刻化させ弱者を叩きのめす消費税制度 
    消費税に零細事業者税・零細企業勤労者税という重大欠陥


まさに植草氏が指摘する通りである。



植草氏が、このように理由を挙げる根拠は、

野田佳彦氏が野党時代の2009年7月14日に、

衆院本会議場で行った演説にある。


そこでは国家公務員OBが4500法人に天下り、

そこに12兆1000億円もの血税が流れていること。

これに群がっているシロアリを退治して、

働きアリの政治を実現しなければならないと訴えていた。

そして国民の声に応えない麻生政権は、

不信任に値すると批判していたのだ。


また2009年8月15日の大阪での街頭演説2件も紹介している。

マニフェストを守ることが大切であることを唱え、

そこでは鳩山政権が消費税を4年間上げないと言ったのは、

消費税増税で生み出す税収が20兆円になるならば、

またシロアリがたかるかもしれない。


だからシロアリ退治を終えるまでは、

消費税は上げないと言っているのだと演説しているのだ。

このように天下り法人をなくして、天下りをなくして、

そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです・・・と、

堂々たる演説を行っていたのだ。


それが今、首相の座にいる野田佳彦氏は、

すっかり忘れてしまったのだろうか?

言ったことと真逆なことを実行しているのである。


国民に約束したはずのマニフェストに書いていることは遣らずに、

マニフェストに書いていないこと、約束を破ってまで、

消費税増税法案を強行成立させてしまった。


さらに日本の農業を破壊すると言われているTPPを推進しようとしている。

そして国民が20年もデフレ社会で苦しんでいるにも拘わらず、

景気浮揚策を掲げることもせず、格差社会を修正しようともしない。

このように国民不在の政治を強行する野田政権は、

新自由主義を信奉する弱肉強食の社会を目指しているのか?


もしやそのような危険な政権なのであれば即刻退陣願いたい。

国会議員がこのことをわかっていても動かない時には、

街に出て国民に伝えてもらいたいものである。


財務省のデータは都合よく編集している。

説明する相手によって、メニューの一部を変えてしまうのだ。

そうすると全く違った結果になって表れる。

そしてデータを基に説明を受けると70%が鵜呑みにする国民性なので、

議員たちと言えども、騙されてしまうのである。


マスコミが財務省の意向を反映した報道を続け、世論調査すれば必ず、

報道した効果が見事に表れるのである。


個々人の誰にでも影響のある消費税増税に、

喜んで賛成する人は先ずいないと思う。

それなのに財務省の捏造データに基づいた説明に騙される首相では、

国民主権は到底叶えられないであろう。


このような理由で今、もっとも頼れる政党は「国民の生活が第一」となる。

外交も、財政も、総ては国民に影響があることばかりだ。

その大事な政策について政治が機能せず官僚任せで、

何も指示できないというのでは誠に情けないではないか。


官僚の持つ情報を上手く活かし、

運用できる手腕のある政治家を選出せねばならない。

それには地域住民の協力なしには実現できないし、

政治家任せでは政治は良くならないのである。


そのようなことから、先日28日には、

「国民の生活が第一」を支援する埼玉市民の会が立ち上がった。


そして偶々、主催者は異なるが、

昨日、主権者国民連合をブログで呼びかけ人の、

植草一秀さんの講演を聴いた聴衆は、

間違いなく政治を国民に取り戻す為には、

地域住民の積極的な参加が欠かせない!

・・・ということを自覚したのではあるまいか。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック