雨の中、会津若松へ

今日は浅草駅のスカイツリーラインのホームに初めて立った。

午前10時発の「きぬ109号」に乗り、

あるものを買いに出かけるために来たのである。

(きぬ109号車内から見上げたスカイツリー)
画像




















この「きぬ109号」は特急電車であるが鬼怒川温泉止まりである。

そこで会津鉄道に乗り換え,


二両編成のレトロな雰囲気を醸した電車に乗り、

画像
















会津若松駅の一つ手前の七日町駅で降りた。

着いたのは午後2時5分頃、無人駅だった。

観光客らしき人が数人いたが、雨が降る午後故だろうか、

その他には人影は見なかった。

画像





















駅を後にして、ネットから打ち出した地図を頼りに歩くと直ぐに目的地が見つかった。

山田民芸工房と書かれた看板が目に入った。

ここは、あるものを作る、ただ一軒のお店であり、

それらしい雰囲気を持っていた。

画像
















目的のあるものを買ったあとは、自分のものとして、

福島で有名な「赤べこ」を買ったのだ。

勿論、あるものも買った。


購入するにあたって、数がどうのこうのと確かめながら、

ワイワイガヤガヤとやっていたため、約2時間ほど経ってしまった。

買い物が済んで表に出ると、まだ雨は降っていた。


浅草駅では汗ばむくらいに蒸し暑く感じたものだが、此方は寒かった。

初めて来た会津若松なので、

何処か観たいものだ・・・と思ったが、雨の中、遠くまでは無理だと思って、

駅までの途中にあった近くの伝承館という建物に入った。

漆器や桐を使った箱物など土地の名産品が数多く並んでいた。

しかし、なぜか買う気にならなかった。


のんびりしている時間がなかったためである。

その店を出ると直ぐに会津若松駅に向かった。

やはり都会とは違って、閑散としていた。

少し寂しすぎるくらいであった。

画像
















電車の出発時間が30分後に迫っている中で、

駅並びの店に入り、醤油ラーメンを注文した。

この縮れた麺とスープは素朴で美味しかった。


このような突然の浅草と会津若松往復の旅だったが、

話好きの方の御供だった自分には、

本当に気楽で楽しい日帰りの旅だった。


そのためか、アッと言う間に過ぎてしまったように感じた。

またこの様な旅ができるといいと思う。



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

マナ
2012年10月24日 18:50
あるものってチョット気になりますね。会津若松日帰り?

この記事へのトラックバック