官邸前抗議行動

「国民の生活が第一。」の政治を実現する会は、
http://ozawakakumei.blog.fc2.com/

本日、官邸前抗議行動に参加します。


国民のための政治を全く理解せず、

権力と言う武器を持ったまま、

敵陣に逃げ込んでしまった民主党野田政権。


どこから見ても無様な姿を晒している。

しかし当人たちにとっては、まったく気付かないようである。

取り巻きが壁を作って、見せないようにしているからではないか。


口を開けば、政治生命を賭してやり遂げる!・・・というばかりだ。

こんなジョークは冗談にしてほしいところだが、

野田首相は気が振れたのか??

財務省のそして、既得権益層の思い通りに演技して終わった!?


振り付け師は人事異動でお役目御免と変わり身は早い。

非難の声が高まる前に官僚は素早く身を引く。


当事者が責任ある地位に居なければ、

追求しないという習わしでもあるのだろうか?

日本人は政治的犯罪、経済的犯罪には大甘であるのか?

ただし、既得権を脅かされる恐れがあるという理由で、

政治家 小沢一郎氏だけは特別に恐れている。


有りもしないことを作り話で追及し続けている。

国民の血税を使って、

「国民の生活が第一」を実現しようとする政治家を追い落としているのだ。

これを許している国民は、

まったくお目でたいというか悲劇の人々に見える。


そろそろ国民の意思を、

想いを為政者に知らしめる時季ではあるまいか。

黙っていることは黙認していることになる。

為政者は信任を得た!・・・と故意に錯覚するのである。


マスコミ報道が伝える情報が操作されているために、

真の情報は国民には伝わらない。

そのために今までは、政府の言うままに過ごしてきた国民である。

従順な国民性をいいことに騙してきたとも言えるのではあるまいか。


民主主義と言う名の支配装置によって、

我々日本人は唯々諾々と従わされてきたのである。


これは必ずしも悪いことではないとは思うが、

国民が政治に関わるために代議制があるのだ。

それにも関わらず、

その代議員がまともに活動できない旧システムの壁がある。

その立ちはだかる壁を打ち破らねばならない。

それには国民の目覚めが如何せん必要なのである。


8月17日(金)
官邸前抗議行動への参加
地下鉄「国会議事堂前」4番出口 午後4:30集合
皆でビラを配ります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

マナ
2012年08月17日 23:47
お会いできなくて残念!私はテントに居ました。

この記事へのトラックバック