応援歌を聴いて・・・そして考えよう

昨晩、電話を頂いた。

小沢一郎氏を何故、応援するのか?・・・と。


この応援歌を知っていれば教えてあげられたのに残念だ。




何故っていう理屈を捏ねる前に、

何故、あれほど執拗に20数年も1人の政治家を

マスコミが挙って追い詰めようとしているのか?


それは裏で糸を引く既得権益集団の元締めがいるからであろうし、

集団的無意識がそうさせるのではないか。


それにも関わらず、小沢一郎は国を乗っ取るといわれたことには参った。

小沢一郎氏が本気で乗っ取る積もりでいると考えているのだろうか?

多いに疑問がある言葉だった。


政治を国民主権に取り戻そうとすることが独裁者と扱われるならば、

今、官僚制度の制度疲労が明白になりつつある現状をどう説明すればよいのか。


某国留学組で一方通行の思考しか出来ない連中に、

牛耳られているという官僚主導の体たらくを

小沢氏は本当に改革しようと挑んでいるのだと思う。


この優れた政治家が「国民の生活が第一」と蛮勇を奮って、

頑張っていることをたった一人だからと言って

独裁者呼ばわりするのは間違いだと思うのだ。

その他、大勢の政治家が今一歩の勇気が出せず、

迷いに迷っている最中で一人だけ目立つ、

その存在が既得権益層には、

邪魔な存在に見えるだけではないのか。


現在、既得権益層の腐敗が明白になっている以上は、

此方の整理をこそ必ず遣るべきであろう。

それを差し置いて、

小沢裁判は続ける・・・などという欺瞞を許してはならない。

そう思うのだが如何であろうか?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック