亡国政権に忠誠を尽すことはない

日々坦々 ブログの記事を転載する。
http://etc8.blog83.fc2.com/

●松木政務官が辞任へ=首相ときょう会談
  (時事通信2011/02/24-06:00)

≪民主党の小沢一郎元代表に近い松木謙公農林水産政務官は、

24日午前、首相官邸で菅直人首相と会い、辞表を提出する。

首相は慰留せず、受理する見通し。

辞任は首相の政権運営に対する不満が理由で、

2011年度予算関連法案の柱である特例公債法案の成立が絶望的となり、

党内から退陣要求が相次ぐ首相にはさらなる痛手となる。

 松木氏は23日に細野豪志首相補佐官に辞意を伝達。

首相サイドで調整した結果、

首相が松木氏から直接辞表を受け取ることになった。

 松木氏は同日深夜の記者会見で、

菅政権が衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しを打ち出していることや、

民主党執行部が、

強制起訴された小沢氏を党員資格停止処分としたことを批判した。

松木氏の辞任により、

首相と小沢系議員との対立は一段と激しくなるとみられる。

 松木氏は衆院北海道12区選出で当選3回。

小沢氏を支える中堅・若手の「一新会」幹部で、

同氏側近として知られる。昨年9月の党代表選で小沢氏が首相に敗れ、

その直後に発足した菅改造内閣で農水政務官に就任していた。≫

昨年より、強権的な政権運営に対抗すべく、

小沢派のカードとして副大臣、

政務官辞任がありタイミングを見計らっていたと言える。

松木氏は「半兵卒として頑張る」(産経)と言っているようだが、

その他の小沢派副大臣・政務官は松木氏に続くのか。

●小沢氏に近い副大臣・政務官
 東 祥三(内閣府副大臣)
 平野達男(同)
 鈴木克昌(総務副大臣)
 三井辨雄(国土交通副大臣)
 内山 晃(総務政務官)
 吉田 泉(財務政務官)
 中山義活(経済産業政務官)
 樋高 剛(環境政務官)
(時事通信2011/02/23-21:54)



この亡国政権を止めさせることが、

今、一番の国会議員の決議すべき問題である。


どこまでもイジケた首相と、

あわよくば首相の椅子に座りたいだけのお仲間幹部たち。

その連中でさえ、「国民の生活が第一」というマニフェストを掲げたときに、

マニフェストに関わっていたはずだ。

全てをひとりで作ったマニフェストではない。

民主党議員全体の合意で作られたマニフェストのはずだ。


そのマニフェストを党内の合意なしで、

幹部だけで変更するのは非常におかしいし、民主的でない。

民主党内で議論を尽してから、見直す個所があるならば見直してもらいたい。

小沢一郎氏を犯罪者扱いし、

怪しげな検察審査会の議決があり、起訴されたからと言って、

政権交代の最大の功労者をこのように扱う菅執行部は、

人への優しさをどこかに忘れてしまったようだ。


このような情けない人たちが政権を続けていれば、

無責任なマスコミの餌になるばかりである。

一にも二にも、この亡国政権を早く止めさせよ!

今こそ、国会議員の実力が試されている時期はあるまい。


これは小沢一郎グループだけの問題ではない。

ご都合主義で時の流れで菅グループに混じった議員もいるはずだ。

もしもその議員ならば、今こそ勇気を出して貰いたい。

まず利害関係を捨てよ。

そして、このような国家の大事なときにこそ、

国会議員としての正義感を発揮してもらいたい。


議員自らのことは後回しにして頑張ってほしい。

本当に菅氏に任せていてよいと思うのか?

今一度立ち止まって考えるべきであろう。


その後でも相変わらず菅氏を支援すると言うのなら、

もうどうにもならない議員だと見るしかないが。


事実、国民の負託を受けて、

政権を担った者が国民を裏切り、

権力を貪っていることは国民への背任行為である。

国民が直ぐにでも引きずり降ろしていい政権だし、

損害賠償責任を負ってもらいたいくらい重いことだ。


そのような亡国政権に忠誠を尽すことはない。

ふらついている国会議員どもよ勇気を出して、

人間として、一国会議員としての正義感を発揮してみよ。


国会議員の歳費は何のためにあるのか。

国民のための政治を行なうために戴いているものでしょう。

それを考えれば自ずと分かるはずです。

「国民の生活が第一」を真っ先に考えるべきなのです。

そして国益を考えた行動をすべきなのです。

錯覚した民主主義の名の下での行動は慎むことです。


現在の政権は、「国民の生活が第一」を保障していますか?

セーフティーネットが作られましたか?

全て中途半端なものになっているのは、

政治が機能していないからです。

誰かにお任せしたままの政権だからですよ。

このようなことを百も承知の国会議員も多いはずです。

この際は改めようではありませんか。


公正・公平を基にして一から出直しましょう。

そうすれば国民はきっと応援しますよ。


今は国会議員の活動が見えない情況になっている。
(一部議員は国民に期待される行動に出ているが)

全般には、何を考えているのか見えない情況にある。

そこを脱皮して、国民と政治課題を共有しなければならない、

そんな段階に至っているのではないかと思う。
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

さとし君
2011年02月26日 02:20
民主は自民と違い、こうした政策を実現させるんだ。。という政権交代の意味と継続させる意気込みの松木議員の対応は、たくさんの国民から賞賛されていると思います。国民は松木さんに続く「雪崩現象」をも期待してます。
新年会は120対40で、国民生活第1位グループが健在なことも有権者は忘れてません。

この記事へのトラックバック