こどもの日

こどもの日の5日は一日中寝込んでしまった。

3日のジャンボ鯉のぼりの見物、

4日は東京都美術館での絵画鑑賞と大勢の人込みの中に出かけたからだ。

そのせいか疲れてしまった。

咽喉に痛みを感じていたのだ。

ひりひりとした痛みであり、

口を開けて見ると「咽喉ちんこ周辺」に粒粒の赤い点が見えた。

それが痛みの原因に間違いない。

とは言っても直ぐには直らない。

連休中なので病院にも行けない。

仕方なく、近くのドラッグストアに出かけて風邪薬と栄養剤を買った。

そして薬と栄養剤を飲んで、そのまま寝込んでしまった。




すると節々に痛みが出てくるわ!

熱は高くないので○○インフルエンザではなさそうだ。

しかし、咳をする時には胸が苦しくなり痰も出る始末だ。

風邪も拗(こじ)らせては危険である。

だから身体を温めて寝ていることに越したことはないと思って寝ていたのだ。

こんな場合にはよく寝られるものである。

昼食を済ませてからも、

直ぐに横になれば、ぐっすりと寝ていられるのだから不思議である。

風邪薬には睡眠薬も入っているからだ。




寝ていても水は欠かせない。

○カりスエットという健康飲料を買ってきてもらい、それを飲みながら

トイレに立ったり、また寝たりの繰り返しであった。

早く治さないと、風邪をこじらせてしまうことになる。

そんな危険は回避せねばという思いが強い。

鼻も詰まるし、咽喉も痛い状態が続いた。

午前中から寝込んで夕方になると、痰を出してしまうと咽喉はスッキリした。

しかし、声は太くて小さい。

まだ風邪は治っていないからだ。

それでも気分的には楽である。




午後からの雨で気分も和らいだ。

余りの暑さと乾燥が身体に良くない。

運動不足の身体には刺激が少ないほうが安全なのだ。

目覚めてはトイレに立ち、健康飲料を口にしてまた寝入ることを繰り返して過ごした。

世は行楽シーズンであるというのに!

でも健康が一番だから、風邪を治しすのが先だ。



toshi










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック