高橋敏男のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 主権者の力で政権交代を!

<<   作成日時 : 2016/01/05 17:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像












今日の新宿駅西口の広場は、
人人で一杯で身動きが出来ないくらいでした。

市民連合主催の安倍政権の退陣を求める大街頭宣伝が行われていたからです。

新宿西口に着いた時には、既に街頭宣伝は始まっていましたので、
はっきりと演説が聴けたのは、社民党代表の吉田忠智氏の時からでした。

相変わらず、民主党の蓮舫氏の演説では野党共闘に関する言葉は聞かれませんでした。

安倍政権が違反状態で進める強引な辺野古新基地建設や、
安保法制の強行採決、TPP問題など今では誰でも知っていること、
更に野党が要求した臨時国会開催を逃げたままで昨日、
これも違憲の通常国会を開催してしまったことなど、
ほとんどの局面で安倍政権が憲法を無視する暴挙に出ていることを批判していました。

しかし、そんな暴挙を許してきたのは、他でもなく民主党なのです。
それなのに、なぜ野党共闘に与することが出来ないのでしょうか?

共産党の志位さんの覚悟のほどは確かなものだと思います。
共産党アレルギーなのか?
民主党は、いまいち乗り気ではないように感じます。

本日、集まった大勢の有権者国民を見て、
蓮舫さんは、何を感じ取っていったのでしょうか。

一刻も速く、岡田党首に大同団結を促し、
自公政権の暴走を止めるために野党共闘を決断するよう呼び掛けるべきです。

今は芸能人ではなく、政治家なのですから、
のんびりと構えて我が世の春を楽しんでいる場合ではありません。

それに比べて、シルーズの青年はしっかりしていました。

安倍政権が悉く、嘘をついて国民を不幸にしている現実を
許してきたのは、誰でもありません。

それは私たち国民であり、如何に虐げられても、
自公政権を支持している私たちに責任があるとハッキリと訴えました。

お世辞抜きにズバリと言える青年が出てきたのは、
期待できると思います。

すっかり新自由主義に犯された経済界には期待できませんが、
現在の社会状況に至った原因を知った以上、
これを解決するのは、
若者がリードして野党共闘を実現する以外にないことは自明の理です。

野党の政党がイデオロギーに拘り、
躊躇してきる場合ではないのですが、
拘り続けているのも現実なのですから、若者に期待するしかありません。

午後0時から午後1時30分までの大街頭宣伝に駆けつけた人は
主催者発表で、5000人でしたが、
これほどの人が安保法制反対と正月休みの中で集まったのです。

安倍首相もいい加減に気づいてもらいたいものです。

日本が真に独立国家として歩むのであれば、
民主主義的手続きを経なければならないことを肝に銘じておくべきです。

外圧を受けて、方針を決めるのではなく、
党内協議は勿論ですが野党と協議するだけの器量をもっていなければなりません。

宰相の器には、それが必須ではないでしょうか。


画像















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
民主党は何を恐れている。共産党シロアリ論を展開したり、自信がないのだ。共産党シロアリ論。
民主党の枝野幸男幹事長は18日の記者会見で、同党の前原誠司元外相が共産党を「シロアリ」と発言したことについて、共産党の山下芳生書記局長に陳謝したことを明らかにした。
 
 枝野氏は共産党について「駆除すべき害虫という意識は全くない」と強調。同党を含む野党が連携して臨時国会召集を求めていることを挙げ、「国会内では今後も共闘する立場だ」と述べた。 
シロアリか。
2016/01/05 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入りLINKS(1)

主権者の力で政権交代を! 高橋敏男のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる