高橋敏男のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国会は死んだ!?

<<   作成日時 : 2015/12/27 14:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

画像












昨日の “森田実の言わねばならぬ” その1に,
菊池寛の言葉、「一団の人間が一度権力を獲ると、
彼らは権力を得たゆえんの正義の方を忘れて、
権力の方を後生大事に持ちたがるものである」 を紹介している。

最高法規である憲法を無視したまま暴走している安倍政権は、
言語道断ですが、それにしても野党が一部を除いて共産党の
一大決心に添えない態度のままでいることに、
有権者の一人として、本当に情けなく苛立ちを覚えます。

やけになって民主党など潰れてしまえと
小言のひとつも言いたくもなります。

森田実さんが仰るように、
安倍内閣は日本国憲法第53条に基づく野党議員が要求する
正当な臨時国会召集要求を無視し続けています。

安倍政権に実力以上の権限を与えた覚えはないと
自公議員でさえも感じているのではないかと思いますが、
なぜこのように変化した
安倍首相を引きずり下ろすことができないのでしょうか?

これは見事に“立場”で動く日本人的発想があるからではないでしょうか。

閣外では辛口批判をしていた河野太郎でさえ、
閣内に入った途端に氏のブログを閉鎖してしまいました。

このように外野で騒いでいる人間でも
立場が変わると変身してしまう弱さがあります。

その点、立場を超えて正義と理性に基づいて
無理難題の押し付けに反旗を翻したまともな精神の持ち主もいるのです。

森田実さん、植草一秀さん、稲村公望さんなどです。

この方たちの言論に接して頂ければ、
何よりもよくわかるはずです。

彼らの記事を時間塾で追って、読み続けてもらえれば、
きっと明らかになります。

法治国家の大事なことと、国益を守ることが政治の要諦であることです。

さらに国民の人権と、その資産を守ることが第一義であり、
と同時に世界の平和を守ることが為政者の使命であることがわかります。

なのに安倍政権も野党第一党の民主党も、
これが分かっていないのではないかと思います。

そのような考えだからこそ、
辺野古新基地を作ろうと安倍政権は強権発動しているのだし、
民主党は黙って従っているのではないでしょうか?

一日もはやく解決するには、
法治国家と人権を真剣に考える国会議員が、これを求めて、
挙って議員辞職し世論に訴えることが必要です。

吠えているだけでは何も変えられないと思います。
身を挺してこそ本物です。
人間は行動で示すことです。
特に国会議員という名誉職は、そうあるべきです。

国会を死んだままにしていてはなりません。

25日の夜は、38年ぶりとかいうクリスマス満月でした。

このように眼を開けて、
政界のインチキさに目覚めなければ手遅れになってしまいます。


ウァブリブログ様のデータ要領が1ギガBを超えても、
まだアップ出来そうなので、再度、書き込んでみました。

このまま生きているのであれば、
出戻りですが此方に移動したいと思います。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
山口那津男をほめる森田さんは信用できるのか。
二枚舌
2015/12/27 21:54
森田さん公明党は、安保法制に賛成した。公明党に賛同しながらかつてなこと言うな
言行一致
2016/01/01 10:23
公明党を心から信頼している人が、どんなに偉そうなことを言っても嘘だとしか言えない。

2016/01/01 22:38
森田実氏は信用できるのか。安保法制に自民党と手を組んでいた。憲法改正も自民党と手を保組んでいる。森田さんは。右手で自民を批判し、左手で、公明党の頭をなぜている。
インチキ野郎
2016/01/02 07:50
森田実氏は信用できるのか。安保法制に自民党と手を組んでいた。憲法改正も自民党と手を保組んでいる。森田さんは。右手で自民を批判し、左手で、公明党の頭をなぜている。
インチキ野郎
2016/01/02 07:50
森田実は、コウモリ人間だ。蝙蝠は、イソップ童話の「卑怯なコウモリ」。
獣と鳥が争う中、コウモリはどっちにもいい顔をし、結果どちらからも嫌われてしまう。自民党べったりの公明党には歯の浮くようなお世辞を語り、自民党には厳しい意見を語る。どちらが本当の顔か。「八方美人」
コウモリ
2016/01/11 09:02

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入りLINKS(1)

国会は死んだ!? 高橋敏男のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる