高橋敏男のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 12・4(金) 小沢一郎対談集会 in 豊島公会堂

<<   作成日時 : 2015/11/12 16:41   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2




主権者フォーラム(旧小沢一郎議員を支援する会)のHPより、
http://minshushugi.net/activity/index.cgi/

小沢一郎議員が吼える 「国民のための政権を奪取しよう」
12・4小沢一郎対談集会に結集しよう!

安倍反動政権は、
衆参での強行採決により憲法違反の安倍法を成立させ、
いよいよ日本の軍国主義化への道を走り出しました。

同時に、TPP交渉の大筋合意、原発再稼動、
辺野古基地建設強行等々、次々と対米従属政策を推し進め、
日本国民の生命と財産をアメリカに売り渡そうとしています。

これを放置するならば、最早日本国民はアメリカと
コングロマリットの奴隷に甘んじなくてはなりません。

この流れを阻止するためには、
来るべき参議院議員選挙あるいは総選挙において、
自公政権に代る野党が勝利する必要があります。

今回の安保法制に反対した多数の市民の声も、
又、それを強く望んでいます。

いち早く「オリーブの木」構想を提唱している小沢一郎議員が、
久し振りに豊島公会堂で政権交代の構想を吼えます。

どうか多数お誘い合わせの上、ご出席下さい。

            記

日  時  平成27年12月4日(金)午後6時〜9時
                   開場 午後5時30分
場  所  豊島公会堂
       〒170-0013 東京都豊島区東池袋1−19−1 
       TEL:03−3984−7601
講  師  小 沢 一 郎 氏(衆議院議員、生活の党代表)
       白 井   聡 氏(政治学者、京都精華大学専任講師)
       その他多数

資 料 代  お一人 1,000円  
受付方法  当日、会場入口受付にて
         (予約不要、定員数に達し次第終了)

                       以 上

連 絡 先  主権者フォーラム(旧小沢一郎議員を支援する会)
       03−3981−2411(伊東法律事務所内)
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大手メディアに統制を強いる安倍政権の政権支持率偽装は、何とかならないものでしょうか。

民間人単位のの調査では、自民党公明党はとても低い支持率なのに…、特にNHKや読売やフジ…そして毎日TBSやアサヒなどの調査は、民意とはかけ離れた支持率を懲りずに発表しています。(あのような売国政策で支持率があるとすれば異常。よって、数字遊びの匙加減は決められていると見ます。)
捏造度合いが(野田政権時より)更に酷くなってるのは安倍米国ポチポチ政権だからでしょう。
そして、決まってるかのように、社民党や生活の党と山本太郎と仲間たちは0.数パーセント。
自公が(米国が)驚異なのは、民主党や共産党ではなく、生活の党や社民党なのだと判ります。
それは、国民のための政治をされたら自分達の利益が無くなるから、それでは困るので数字を低くしておく必要があるからでしょうね。
と言うことで、メディアの政党政権支持率世論調査の捏造偽装は止めて頂きたい。
多くの国民もおかしいなと不信感だらけかと思いますが、もしも万が一騙されてる方がいましたら、騙されませんように。(政権にシメシメと思わせては思う壺です。このような偽装調査状態では、これでは選挙も何もあったものじゃありませんから。)
日米地位協定を見直し、対等の立場の国になる事が最善かと。
今のままでは、世界から米国のポチと見做され、返ってマイナス面ばかり。米国の御財布はこの辺で止め。

小沢さんがんば!
こころ
2015/11/12 17:38
昨日、ラジオを聴いていて、たまたまTBSラジオに切り替えたところ、本日のゲストは「生活の党と山本太郎となかまたち」の共同代表の小沢一郎さんです。と紹介され、偶然のタイミングで聴けました。
やはり、ブレませんね。

小沢さんが与党なら、日本は今、こんな状況にはなってなかったであろうに。と、タラレバですが、つくづく思いました。

「小沢さんが先頭に立って、野党を纏めて頂きたい」と、論説員?の方が結んでました。





こころ
2015/11/18 17:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入りLINKS(1)

12・4(金) 小沢一郎対談集会 in 豊島公会堂 高橋敏男のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる