高橋敏男のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年頃から金融資本主義の限界が現われた

<<   作成日時 : 2015/10/06 01:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1




フェイスブックでお知らせを頂いた、
第1回 「月刊日本塾」 が、
月刊日本の本社事務所で開催されました。

画像



















画像












30分ほど遅れて着いたため、
既に山浦嘉久氏の講義は佳境に入っていました。

遅ればせながら、メモを取ったので、
それを書き写します。

(メモ)
イスラエル大使(館)の分析によると、
日本人の中には、縄文人の流れが18%居り、
ユダヤ人の流れが5%居ります。

2008年のリーマンショックの頃から、
金融資本主義は限界を現わしてきました。

現在の世界の不安定は、
必ずアジアにも影響を与えるはずです。

現在のシリア紛争では、主導権はロシアが握っている。

シリアは化学兵器(S)を使ったのではないか?

反政府勢力が(S)を使ったと、
ロシアのプーチン大統領は発言している。

是に米国のオバマ大統領は、
何故か反論しない、不思議である。

このような観点から考えると
シリア紛争の勝利者はロシアに間違あるまい。

米国は、北朝鮮と日本の関係を疑っている。

拉致問題には米国が絡んでいるのではないか。

ベトナム戦争時、韓国軍が参戦したが、
此れに対して北朝鮮特殊部隊が北ベトナム側で参戦した。

此れで北ベトナムが勝利した。

米国防省高官からの聴き伝てによると、
北朝鮮特殊部隊の捕虜は、
現在も大東亜戦争中だと言ったというのです。

拉致問題には、米国も絡んでいるのではなかろうか?

三島由紀夫さんから聞いた話では、
拉致問題が起こり初めの頃には、
ラブホテルが無かったため、新潟の海岸は、
アベックの溜り場になっていたという。

このアベックを追い払った頃から、
拉致が実行されだしたというのです。

何故か?
・・・土井たか子さんに訊いてもらいたいと山浦さんは仰った。

日本側では、このような拉致する者を逮捕すらしなかった!?

米国は、未だに日本と北朝鮮との関係を疑っています。

戦後、完全に日本を弱体化する計画があったのだが、
朝鮮戦争が起こり、
日本を共産化の防波堤とする都合で弱体化計画が頓挫した。

そして強い国とするために経済力を付けさせることに変えたのです。

即ち、朝鮮特需で景気が良くなり、
日本は経済的に豊かになったのです。

北朝鮮には金日成大学や金策(畑中理)工科大学があります。

○○ドン(基地の在った地名) ←← 米国が命名したものです。

大東亜戦争に何故、敗れたのか?
(メモ終わり)



このようなお話を聴いているうちに思い出しました。

北朝鮮は戦前の日本ままだという方もいます。

それを思い出したのです。


日本のマスコミは、このような真実は報道しません。

極端に米国一辺倒のマスコミですから、
自ずから偏ってしまうのでしょうか?

国益は企業の儲けだけではないのですが、
余りにも異常なことが放置されています・・・。


久し振りに南丘喜三郎主幹の声を聴きました。

月刊日本の巻頭言のように、
憂国の士の熱意が伝わってきました。

また講義と直会が終わって歌った、
懐かしい 「故郷(ふるさと)」 は、心に響きました。


近現代史を知らねばなりません。

第2週2話 日本人弱体化計画〜国際法と文明を無視した一方的蹂躙【CGS 倉山満】




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
拉致問題が全く進まないのは、米国が政治の具として利用しているからだと理解しています。
恰も北朝鮮が…と米国と敵対しているかのように見せかけていますが、内情は米国が裏で絡んでいる事、これが元凶でしょう。
メディアは当然、そのような報道など一切しません。
TPP などの本質は言わずと同じ。

先日、中国でスパイ活動していたとして2名の日本人(出自は?)が逮捕拘束され、スガはスパイ活動は有り得ないと嘯いたものの、無理があります。
公安警察を蔓延らせていても何ら不思議だとも思わず。
スパイがヘマをしただけ。政府が否定しても無意味。

5ヶ月も前から日本政府も中国政府も知っていて、今のタイミングで出したのは安保等あり、とてもマズイと思った政府は、色々な理由付けして内密に、発表のタイミングを先延ばしするよう中国に懇願したと思われます。
案の定、安保を強行採決可決(本来の採決も可決もなく、違法)させてからのスパイ報道でした。

シリアの反政府軍を支援しているのはアメリカ。アサド大統領を悪者にしようが、スノーデン氏の情報を持っているロシアは全てお見通しです。
アメリカはそんなロシアが煙たいのでしょう。
紛争を終わらせ市民を助けたいロシア。紛争を終わらせたくない米国。

日本のメディアがアメリカ側に立ち、ロシアに対してアンフェアな報道をするのもアメリカからの政府への通達で、それを安倍が遂行し、メディアに統制を掛けているからでしょう。腐りきってます。

国境なき医師団の病院施設を爆撃したのもアメリカ。いくら誤爆だと言おうが、誤爆などではなく計画的蛮行以外何ものでもなし。

大雑把な雑文で失礼します。

こころ
2015/10/06 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入りLINKS(1)

2008年頃から金融資本主義の限界が現われた 高橋敏男のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる