高橋敏男のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 公人は憲法擁護義務を順守せよ!

<<   作成日時 : 2015/10/26 15:06   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4




いつものNさんから、午後一番で届いたメールを転載します。

最近のニュースでは、丸善ジュンク堂渋谷店の
「自由と民主主義のための必読書50」 ブックフェアが、
中止になったこと。

また昨年には、さいたま市三橋公民館が、
「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」
俳句の掲載を拒否したことがありました。

しかし公人には、憲法遵守義務があり、
また書店には、右から左まで分野を問わず、
市民に情報を提供する使命があるはずです。

それを言論統制で表現の自由を排除するのは、
行き過ぎであり言語道断です。

書店は、国を独裁国家にさせないために、国民が自由に考え、
自ら選択することが必要だと気づかせるチャンスを与えてくれます。

これまで平和な日本で長く続いた、
表現の自由を守らない公務員がいるとは驚きです。

行政は法律を現実に適用する場ですから、
公務員が政治を拒否するとは何事だ!・・・です。

是だけでも自由主義国家日本にあるべき自民党は、
安倍政権になってから、名前ばかりで偽りであることが
明白になったのです。

政治に無関心の人も、例え自由民主党員でも、
此処まで酷くなるとは思っていなかったでしょう。

しかし、誰の命令なのか知りませんが国会は、
自公両党の議席数で何でも決められる多数派を握ってから、
安倍政権の暴走は止められなくなりました。

ですから国会のテレビ中継も虚しく感じるばかりです。

安倍政権の背中を押す(命令を下す)機関があるはずです。

それでなければ是ほど無謀な法律を成立させるわけがありません。

国民あっての国家、
それをすっかり忘れた亡国政権になる筈がありません。

このように政治が機能していないように見えるのは、
きっと売国軍団が権力を牛耳っているからに違いありません。


(転載)
立教大学まで、「岐路に立つ日本の立憲主義、民主主義、
平和主義」の集会を「政治的中立に反する」ということで、
会場使用を拒否した。

「政治」はダメだというのだ。

問題ないと法政大学が会場使用を認めてくれたことに
感謝すると小林氏は語られた。

私たちも素晴らしいお話を一市民として耳を傾けることができた。

当たり前のことがどんどん当り前ではなくなった。

さいたま市議会で、先日、自民党議員がNPOに
運営委託をしている市民活動施設の使われ方が偏向していると言って、
市直轄の運営をする条例が通ってしまったという。

「政治的中立に反する」とは何か。

「自由・民主」党は看板に偽りありだ。
何が自由だ。
何が民主だ。


丸善ジュンク堂渋谷店、
「自由と民主主義のための必読書50」ブックフェアが中止」。

どんどん戦前とは違う言論統制、表現の自由の場が狭められてきた。

統制されている。
目に見えない形で行われている。
そのことに目を向けるべきだと小林節氏は話された。


さいたま市大宮区の三橋公民館が2014年6月、
同公民館で活動する句会会員が作った俳句
「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の公民館だよりへの掲載拒否。

九条守れに腹が立つのか。

次々に言論、表現、集会の自由が制限されていることに
市民はおかしいと声を上げるべきだ。

都立高校は、職員会議は形骸化され、職員会議はなくなった。

連絡の場だという。

校長の一方的報告・命令のみ、疑義をさしはさむことはできない。

校長も都教委の言うことを命令しているだけだ。

教員が意見を述べれば転勤させられる。

こんなバカなことが行われている。

どれだけの市民がその事実を知っているのか。

日本は言論の自由は今や風前のともしび。

戦前のように特高につけられていないようだが、
その場が失われてきた。

どうして 「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」が禁じられるのか。

“九条の会” が公民館を借りるのは難しくなってきた。

土肥さんの裁判はなんだったのか!?(N)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
不正選挙の裁判と全く同様のトンでもない裁判を又々やってのけてます。これはもう裁判の体を成してません!

1/3判決理由待ち続け1時間半、あげくにゴボウ抜き 脱原発テント裁判

2015年10月26日
http://tanakaryusaku.jp/

【裁判所職員から力づくで法廷の外に出されていく傍聴者。=26日、東京高裁 写真:筆者=】

この国は本当に法治国家なのか? 裁判長が判決理由を述べなかったた め、控訴人、弁護士、傍聴者が「判 決理由を聞きたい」と待ち続けたと ころ、1時間30分後に強制排除と なったのである。

国が経産省前の脱原発テントの代表に対してテントの撤去と損害賠償請求を求めていた控訴審の判決が、 きょう午後、東京高裁であった。

一審判決は国の訴えを認めテントの撤去と損害賠償3,200万円の支払いを命じていた。
被告のテント代表らは判決を不服として控訴していた。

東京高裁で最大規模の102号法廷 (98席)は傍聴者で満席となった。

高野伸裁判長は「控訴を棄却す る」と判決主文だけを告げるとそそ くさと引き揚げて行った。
わずか3 秒だ。

【「写真を撮ったでしょ?」と嫌疑をかけられ、荷物を調べられる傍聴者。=26日、東京高裁 写真提供:ふくちゃん=】
こころ
2015/10/28 11:29
2/3「判決理由を言って下さい」。控 訴人席と傍聴席から怒号があがっ た。

ほぼ同時に訟廷係と呼ばれる体育会系の男性職員たちが出動してき た。書記官と合わせると裁判所の職 員は、法廷内だけで38人となった。

主任風の書記官が「閉廷しましたので退出して下さい」「(判決を)言い渡しましたので退出して下さ い」と頻繁に繰り返した。3分おき位だったか。

納得のいかない控訴人たちと傍聴者合わせて30人ほどが102号法廷に 残った。

傍聴席からは「裁判長出て来い」のコールが起きた。
原発避難者の詩を朗読する控訴人もいた。

書記官は作り笑いを浮かべながら 「閉廷しましたので退出して下さ い」を繰り返した。

こうして1時間30分が過ぎた。
時計が4時30分をさした時だった。
突如として高野裁判長が2人の裁判官を伴って現れたのである。

【脱原発テント裁判の報告集会。=26日、衆院会館 写真:筆者=】

判決理由を読むのかと誰もが期待した。ところがそうではなかった。
裁判長は「退出を命じます」と目を 尖らせて言い放った。

青色の作業服を着た訟廷係の男性たちが急に鬼の形相になった。
「退出命令が出ました」「退出命令が出ました」・・・

裁判所の暴力装置とも言われる訟廷係は、新興宗教の呪文を唱えるようにして3人がかりで1人の傍聴者、控訴人をゴボウ抜きにしていった。

控訴人代理人の佐藤倫子弁護士も訟廷係4〜5人に抱きかかえられるようにして外に出された。

主任弁護士の大口昭彦氏は「公害裁判、医療過誤、労働事件などでは判決全文か要旨を朗読する。
判決理由を全く言わないのは国民無視も甚だしい」と憤った。
こころ
2015/10/28 11:32
3/3
原発にからむ裁判であるため、裁判所も神経質になっていたようだ。
外には警察の護送車、指揮車が待機 し、裁判所の中は私服刑事が溢れかえっていた。
〜終わり〜


問題は、政治的な事象が絡む全ての裁判は、問答無用で権力者有利のため、裁判の報道すらせずに無かったかのように揉み消すという事。

メディアは脱原発テント関連の事は、取り上げ報道していたはずですが、何故その後それを追った記事がないのでしょうか。
しかも、3200万円も真っ当な市民からぶん捕るとは暴挙です。
こんな裁判とは言えない悪どいシナリオに沿った汚れた裁判も、結局は金融資本→米国→安倍偽政権→裁判所の流れの指図なればこその構図なのだと理解します。

一部の真っ当な政治家、憲法学者の方々は、裁判所の在り方まで是非切り込んで頂きたい。
この国はこのままでは、本当に独裁圧力が罷り通り、飼い慣らされてしまうのではないかと。。
既に、政治的沈没状態ですが、日本丸ごと沈没とならないように今が正念場なのかも知れません。
こころ
2015/10/28 12:09
*チャップリンが映画「独裁者」で伝えたかったこと
新党憲法9条 2015年 10月27日

2015/10/27 18:22

きょう10月27日の朝日新聞の天声人語で知った。

チャップリンがファシズムに立ち向かった映画「独裁者」をつくったとき、製作中から脅しの手紙が舞い込んだと。

それにもかかわらず完成にこぎつけ、その映画がニューヨークで上映されると連日大入りになったと。

そして私は、この天声人語で知った。

その映画の、つぎの結びの言葉こそ、多くの観衆の心を打った名高い演説であったことを。

「わたしたちは 、みんなおたがい助け合いたいと望んでいます・・・ わたしたちは、他人の不幸によってではなく、他人の幸福によって、生きたいのです」( 中野好夫訳)

これは至言だ。

朝日の天声人語は、この言葉を引用して、創設70年を迎える国連が、地球全体の貧富 、幸福の落差に取り組む行動計画に乗り出した事を歓迎している。
しかし、この言葉はもっと普遍的な言葉だ。
いまの日本の政治にもそのままあてはまる。
そして日本国憲法の精神につながる言葉だ。

その憲法を否定する安倍首相に対する、これ以上ない批判の言葉である
(了)
http://ichienyuugou.blog.fc2.com/blog-entry-8978.html

チャップリンの思いなど、汚れたきった我欲に邁進する安倍売国等には、どう逆立ちしようが伝わる言葉ではないでしょう。

多数投稿失礼しました。
こころ
2015/10/28 12:15

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入りLINKS(1)

公人は憲法擁護義務を順守せよ! 高橋敏男のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる