高橋敏男のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 安保法案成立 9・19 は「野党臨終」の日です! (3/8)

<<   作成日時 : 2015/10/19 12:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2




安保法案成立 9・19 は「野党臨終」の日です! (2/8)
の続きです。
村井実セミナー資料(作成日:2015.9.30)の転載です。
(村井実氏の同意済です)


・・・しかし、私は現場を取材して
「そんなことはあり得ない」と思っていたし、
デモに初参加した人たちや若者たちは法案成立後、
「むなしい」と。

特に岸アンポ時代と違うのは、
平成のデモは若者が混じってお母さん達多く、
赤ちゃんをだく姿、背負う姿、老人が目立った。

身障者、車椅子も。

政治家ならば、この小雨降る中、
国会をにらんで立ち尽くす庶民の姿を目に焼き付けてほしい。

この若者たちの純粋な気持ちを裏切ったのは、
表面に見える自民党ではなくて、
総選挙前に野党が結束できない現実が決定的敗北になっている。

マスコミはそうした真実をなぜ伝えないのか。

その分析をやらない限り、
日本は永久の自民一強時代になる。

だが、反安倍のマスコミ(朝日、毎日、東京など)や
野党議員は「次につなげる」とか「成果があった」と
期待を持たせていい子(・・・)ちゃんぶっているが、
こんな文句に国民は惑わされてはいけない。

民主党に申し上げたい。

岡田党首は辞任してガラガラポンにして
即刻「解散」、新党工作に走るべし。

私は岡田党首が好き嫌いで申し上げているわけではない。

今の民主党の支持率では、
殆ど上昇カーブは期待できないし、
国民に「政治の夢」を与えていないのが致命的だ。

国民の支持もないのに、党首にしがみつく姿は見苦しい。

鳩山由紀夫坊ちゃんと何ら変わらない。
(岡田、鳩山に共通することは、
実力よりもカネの力で権力に昇りつめたこと)。

このままの日本野党ではズルズルと「55年体制」
(昔の自民党と社会党の仲よしこよし時代で、
半永久的に自民党幕府体制。
敗戦後、この自民幕府をぶち壊したのは
前にも後にも小沢一郎しかいなかった―――ということを
今の若者たちは知ってほしい)の再来を危惧するからだ。

そして先に記した野党の「オレがオレが」の
「スズメの学校チイパッパ論」に戻るが、
小選挙区制である以上、各選挙区は1人しか当選できない。

そうした制度をわかっていながら2012年、総選挙では12党、
すなわち1ダースの政党が出馬
(東京・有楽町の外国人クラブの連中は笑っていた。「日本の野党には,
小沢さんのようなリーダーシップをとれる人材は1人もいない」とバッサリ)
・・・










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本澤氏より、安倍ムサシ不正選挙に触れていましたので一部抜粋させて頂きました。

二刀流アベ・ムサシ<本澤二郎の「日本の風景」(2148)

<危機感あおる心臓>
公明党創価学会の支援を得て強行した憲法違反の戦争法の、有効活用に早くも心臓が興味を示しているようだ。10月18日の観艦式で「日本を取り巻く安全保障環境は、一層厳しさを増している。望むと望まざるにかかわらず、脅威は国境を越えている」と訓示した。「そのための平和安全法制」ともうそぶいたた。(略)

<選挙屋「ムサシ」を国会追及・排除せよ >
この機会に野党に対して注意を喚起しておきたい。
それは選挙屋「ムサシ」のことである。筆者も以前は全く知らなかったことであるが、投票用紙から票数確認まで、すべてこの会社が仕切っている。国民はまだ知らない。
要するに、不正が可能なのである。コンピューターをいじることで、当落の逆転も可能と専門家は明かしている。選挙が近くなると、この会社の株が上昇する。株利益目当てに、これに手を出す自民党秘書もいると聞いた。
総務省と「ムサシ」の癒着が背景にある。心臓が総務大臣人事に気を使っている理由である。現総務大臣は靖国派・伊勢派で知られる、心臓に近い人物で有名だ。驚くなかれ、心臓の父親はこの会社の株主だったという。いま息子が相続しているのかもしれない。米巨大資本も潜り込んでいる怪しげな会社でもある。
(略)
2015年10月19日記(国際問題評論 家・日本記者クラブ会員)

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52118128.html
売国議員は手を変え品を変え不正選挙を仕掛けてきます。不正をされては元も子もありません。
こころ
2015/10/19 17:14
テーマと少しズレますが失礼します。
辺野古移設に関連して、トンでもない事が発覚です!
これは寄付や報酬と嘯いてますが、事実上裏金賄賂では。
辺野古移設関連で90億円が使われているとも報じてます。税金です。
大多数の人がこれだけ反対してるのにも関わらず、国民の血税を多額投入しては米国に媚びへつらう安倍不正政権。悉くであきれます。

辺野古の環境監視4委員、業者側から寄付・報酬
2015年10月19日3時3分

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾 市)の同県名護市辺野古への移設計 画で、国が進める工事を環境面から 監視する専門家委員会の委員3人 が、就任決定後の約1年間に、移設 事業を受注した業者から計1100 万円の寄付金を受けていた。
他の1委員は受注業者の関連法人から報酬を受領していた。朝日新聞の調べで わかった。

4委員は取材に対し、委員会の審 議に寄付や報酬は影響していないと している。違法性はないが、委員の 1人は受領を不適切だとして、委員 辞任を検討している。

この委員会は「普天間飛行場代替 施設建設事業に係る環境監視等委員 会(環境監視委)」。沖縄県の仲井 真弘多(ひろかず)・前知事が20 13年12月、辺野古周辺の埋め立 てを承認した際に条件として政府に 求め、国が14年4月に設置した。 普天間移設事業を科学的に審議し、 工事の変更などを国に指導できる立 場の専門家が、事業を請け負う業者 側から金銭支援を受ける構図だ。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASHBK54G2HBKUUPI001.html
こころ
2015/10/19 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入りLINKS(1)

安保法案成立 9・19 は「野党臨終」の日です! (3/8) 高橋敏男のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる